Pleskのバージョンをアップグレードしたいのですが…

当サービスでは出荷時のPleskメジャーバージョン以外はサポート対象外とさせて頂いております。

START・FLEX・SECURE・ADVNACE・EXPERT Plesk8.X系、8.6まで
EX-LITE(P)・クラウドサービス(P)・DS1-3 Plesk搭載プラン: Plesk11.0.9
EX-SCALE(P)・EX-DB(P) Plesk搭載プラン:Plesk8.6(2012年9月以前出荷)、Plesk11.0.9(2012年10月以降の出荷)
VPS(P) Plesk搭載プラン:Plesk12.5.30

例えば、ADVANCE、EXPERT、Plesk8搭載のEX-SCALEプランではご自身でPleskのバージョンをアップグレードすることができますが、サーバの稼働状況によって失敗する例もあり、動作保障できかねます。

Pleskバージョンの変更について当社でご用意しているのは以下のガイドのみです。

Plesk8.4から8.6へのバージョンアップガイド
Plesk8.4から8.6へのバージョンアップグレード【ADVANCE/EXPERT】

Plesk8.Xのバージョンアップ画面では、バージョン9、10も表示されますが、バージョン9、10へバージョンアップした場合、Dr.Webのライセンス等の当社での初期作業に問題が出ることがわかっております。
※Dr.Webのライセンスは、当社でインストール済みのPlesk8.Xについて適用されるものです。Plesk9.X、10.X以上にアップグレードされた場合は適用済みのDr.Webライセンスが無効となります。

Plesk8.XからPlesk9.0以上にアップグレードされた場合、追加リソースの購入などコントロールパネル側との連携の面で不具合が生じるため、バージョン9以上へのアップグレードは行なわないようお願いいたします。

※>参考FAQ:Pleskのバージョンの確認方法を教えてください

Plesk11.0.9からPlesk11.5.Xへのマイナーバージョンアップグレードについてですが当社ではPlesk11.5.XのVPSプランでのナレッジが乏しいため、オンラインガイド等はすべて11.0.9のものをベースに検証をしておりますので、サポートから推奨はできない状態でございます。11.5.xの環境の方からご質問をいただいた場合、お時間をいただくことや、メーカへの問い合わせが必要になることもございます。恐れ入りますが、ご了承ください。

また、2014/6/17以降はPlesk12へのアップデートも可能となっておりますが、Plesk12は管理画面の構成や機能が大幅に変更されておりますため、サポート対象外とさせていただいております。稼働中のサービスがアップグレードが原因でうまくうごかなくなる可能性もございます。
※VPS(P)のPlesk12.5.30と、他プランに搭載されているPlesk下位バージョンからアップグレードしたPlesk12.xはライセンス形態が異なるため、アップデートした環境は同様にサポート外となります。