ガンプラー/GENO(ジェノ)ウィルス情報を掲載しました

いつもlivedoorレンタルサーバをご利用いただきありがとうございます。

2009年よりニュースを騒がせているGENOウィルスGumblar:ガンブラーウィルスと呼ばれることもあります)についてご心配の方も多いと思います。

【ホームページ運営者の大敵コンピュータウィルス】
GENOウィルスは、不正なスクリプトコードを含むウェブサイトを閲覧すると、脆弱性のあるコンピュータが感染してしまいます。お手持ちのコンピュータ上での対策が重要です。

また一度感染したらFTPパスワードが盗まれ自身のウェブサイトまで「不正なサイト」と化してしまう可能性があるため、ホームページ運営者としては脅威のコンピュータウィルスといえます。

また、サイトを運営していない方も感染してしまうと、コンピュータの動きが遅くなる特定プログラムが起動しなくなるなどの不具合が発生することがあるようです。

現時点での情報をこちらのガイドページに掲載しました。

ガンブラー/GENO(ジェノ)ウィルスについて

ブラウザ+コンテンツ経由で拡散してしまうウィルス拡散防止のために、
ぜひご参照ください。

まずはお手持ちのコンピュータ上でのソフトウェアアップデートが自衛のポイントとなります。

【新しくホスティングプラン購入をご検討中の方へ】
上述のガイドページに情報は詳細内容は掲載済みですが、ホスティングプランごとに、対策方法が違ってくるので改めて、おおまかにまとめてみます。

コンピュータ側の防衛策
基本的なことになりますが
– お手持ちのコンピュータを感染しないようにソフトウェアの更新管理をしていただくこと、
– セキュリティソフトのパターンファイルは更新いただくこと、
– 一度、感染してしまったコンピュータに関しては、必要データのみを待避させ、クリーンな状態にすること、
これはすべてのホスティングプランをご利用の方に対して有効な手段です。

●ホームページファイルを更新にはSFTPのみを利用する
ウィルス拡散防止には、FTP経由ではなく、SFTP(SSHポートを利用したファイル更新)が有効といわれます。
SFTP接続可能なサーバプランは、FLEX、SECURE、ADVANCE、EXPERTとなります。

●サーバのFTPポートのアクセス制限

接続元のIPアドレスによるFTPポートアクセス制限設定は、ADVANCE、EXPERTプランにて可能です。

今後とも ライブドアレンタルサーバをよろしくお願いいたします。