月別アーカイブ: 2016年2月

Cライブラリ「glibc」の脆弱性の対応について CVE-2015-7547

このたび、Cライブラリglibcのバージョン2.9以降に関しまして脆弱性「CVE-2015-7547」が発表されました。

CentOS 6版に標準搭載されているglibcは、バージョン2.12が搭載されているため、脆弱性の対象となりますので、
お客様にて対策が必要となるプランは
『2016年2月19日より前に出荷された、CentOS 6版のクラウドプラン』
となります。

上記プランをご利用のお客様には、アップデート方法をメールにて別途ご案内差し上げます。
なお、CentOS 5については当社の標準でージョン2.5系(今回の脆弱性がないバージョン)が
インストールされておりますので、今回の脆弱性は該当しません。

脆弱性の概要については以下の記事等に掲載されております。
Linuxなどで利用する「glibc」に深刻な脆弱性 – コード実行のおそれ

※共用サーバについてはパッチ適応済みとなります

(完了)【メンテナンス】セキュリティ対策による緊急メンテナンスのお知らせ(RSシリーズ)

※本メンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

共用サーバプランのRSシリーズにおきまして、
セキュリティ対策による緊急メンテナンスを実施いたします。

▼メンテナンス概要

・作業日時:2016年02月19日(金) 12時30分から13時まで

・影響範囲:上記時間帯のうち約5分間、サービスが全停止いたします。
※ウェブサーバへの接続やメールソフト送受信時にエラーが表示されます

また、メンテナンス中に送信されたメールは送信元メールサーバの仕様により異なり、
・再配送を行うメールサーバの場合、メンテナンス完了後に遅延して配送されます。
・再配送を行わないメールサーバの場合、送信元のメールアドレスへエラーメールが送信されます。

・対象サーバ:共用サーバの一部(RSシリーズのみ)

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。