レンタルサーバー特長他社からの引越し

サーバーの移行で失敗しないための3つのコツ

サーバー移行を行う際には、メールやホームページのサービスを停止することなく移行することが大切です。
そのために必要なのは下記の3つのポイントです。

  • 余裕をもったスケジュールで移行を行う
  • トラブル時に復旧できるよう、移行前のサーバーのDNSレコード情報を確認
  • 移行時の設定を正しく行い、移行先のサーバでメールやウェブの動作確認を行ってから切替える

移行のスケジュール

現在ご利用中のサーバーを解約する前に新サーバー側にも全く同じデータを移行しておき、一定期間(約2週間程度)経過後に旧サーバーを解約することをおすすめしています。サーバー移行の作業期間とドメインのDNS情報がインターネットに十分に伝播するまでに時間がかかるために、重複運用期間を設けることをおすすめしています。

4ステップで簡単!移行の流れ

  1. SSL証明書を1枚無料で提供

    オンラインストアからご利用お申込み

    お客様のサイトにあったご利用プランをお申込みください。
    無料お試しプランをご利用いただくことも可能です。

  2. SSL証明書を1枚無料で提供

    Webサイトの移行と表示確認

    必要なデータをエクスクラウドのレンタルサーバーにアップロードし、正しく表示されているかを確認します。

  3. SSL証明書を1枚無料で提供

    メールサービスの移行と動作確認

    エクスクラウドのレンタルサーバーでメールアカウントを作成し、メールソフトに新しいアカウントの設定をし、受信・送信の動作確認をします。

  4. SSL証明書を1枚無料で提供

    ドメインの設定とDNSサーバーの設定の切り替え

    エクスクラウドで申し込んだ新しいサーバーにドメインの情報を設定し、DNSサーバーの設定を切り替えます。