Pukiwiki

START、FLEX、SECURE、ADVANCE、EXPERT等のプランの方が対象です。

STEP 1ソースのダウンロードと解凍

以下のサイトからソースをダウンロードします。
http://pukiwiki.sourceforge.jp/?PukiWiki%2FDownload
1-1

1-2
※WindowsXPの場合の展開例、アイコンを右クリック、 「すべてを展開(A)」を選択します。
1-3
「次へ」で進みます。
1-4
既定ではファイル展開先フォルダは、
「C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\デスクトップ\pukiwiki-1.4.7_notb_utf8\」と指示がでますが、この例では
「C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\デスクトップ\」とし、デスクトップ直下にフォルダ名を指定し展開しました。
「次へ」を押します。
1-5
展開すると下記のようになります。

デスクトップ - pukiwiki-1.4.7_notb_utf8  [フォルダ]
                     ├ attach    [フォルダ]
                     ├  backup    [フォルダ]
                     ├  cache     [フォルダ]
                     ├  counter   [フォルダ]
                     ├  diff      [フォルダ]
                     ├ image     [フォルダ]
                     ├ lib       [フォルダ]
                     ├ plugin    [フォルダ]
                     ├ skin      [フォルダ]
                     ├ trackback [フォルダ]
                     ├ wiki      [フォルダ]
                     ├ .htaccess [ファイル]
                     ├ :     [ファイル]
                     ├ :     [ファイル]
                     ├ pukiwiki.ini.php [ファイル] ★
                     ├ :     [ファイル]
★STEP2では pukiwiki.ini.php を編集いただきます。

STEP 2設定ファイルの編集

STEP1で解凍した、「pukiwiki-1.4.7_notb_utf8」フォルダの中の「pukiwiki.ini.php」ファイルを編集します。
”UTF8”という文字コードで記載されているので、Windowsの場合はワードパッドや、その他エディタソフトなどでファイルを開いてください。

【ワードパッドでファイルを開く方法】
1.Windows XPの場合、「スタート」ボタン>すべてのプログラム>アクセサリ>ワードパッドを起動します。
2.”ファイル(F)”メニューより、”開く(Cntl+O)”を選択します
3.”開く”ウィンドウが立ち上がるので、STEP1でソースを解凍してできたフォルダにアクセスします。上記例ですと、デスクトップ直下に「pukiwiki-1.4.7_notb_utf8」フォルダが作成されるので、そのフォルダを開きます。
4.”ファイルの種類”ではプルダウンで”すべてのファイル(*.*)”を選択し
5.pukiwiki.ini.phpファイルを選択し、ファイルを編集します。
このファイルは大変長いので検索機能(ワードパッドの場合は、Cntl+F)を使って、以下の行を見つけ変更するようにしてください。
以下、既定の設定内容には”//”をつけコメントアウトしています。

【変更その1】
// Site admin's name (CHANGE THIS)
//$modifier = 'anonymous';
$modifier = 'tarotaro';
//半角英字でお客さま用の管理者アカウント名を指定ください

【変更その2】
// Site admin's Web page (CHANGE THIS)
//$modifierlink = 'http://pukiwiki.example.com/';
$modifierlink = 'http://example.org/wiki/';
//お客さまのPukiwikiサイトアドレスをご指定ください

【変更その3】
/////////////////////////////////////////////////
// Admin password for this Wikisite

// Default: always fail
//$adminpass = '{x-php-md5}!';
$adminpass = '●●●●';
//文字列を直接プレーンテキストで指定する半角英数字で記入ください。

STEP 3FTPアップロード

展開後、できたフォルダをサーバの/httpdocs/ 以下にアップロードします。

FFFTPを使ったアップロードの例

FFFTPを使ったアップロードの例

STEP 4フォルダ名の変更

アップロードしたフォルダ名(サーバ側)を変更します。
この例では http://example.org/wiki/というサイトとしてすすめますので「/ httpdocs / pukiwiki-1.4.7_notb_utf8」→「/ httpdocs / wiki /」とします。
以下は FFFTPでの作業例です。
4-1

4-2

STEP 5パーミッションの変更

パーミッション(ソフトによっては”アクセス権(ホームページビルダーなど)”、”属性”とも呼ばれます。)を変更します。

/ httpdocs / wiki/ attach     [フォルダ] → 707 rwx---rwx
/ httpdocs / wiki/ backup     [フォルダ] → 707 rwx---rwx
/ httpdocs / wiki/ cache      [フォルダ] → 707 rwx---rwx
/ httpdocs / wiki/ counter    [フォルダ] → 707 rwx---rwx
/ httpdocs / wiki/ diff       [フォルダ] → 707 rwx---rwx
/ httpdocs / wiki/ trackback  [フォルダ] → 707 rwx---rwx
/ httpdocs / wiki/ wiki       [フォルダ] → 707 rwx---rwx
/ httpdocs / wiki/ cache/ *   [ファイル] → 606 rw----rw-
/ httpdocs / wiki/ wiki/ *   [ファイル] → 606 rw----rw-

以下、FFFTPでの作業例です。
属性を変更する対象ディレクトリ群を選択します。Cntlキーを押しながら左クリックすると複数項目が選択できます。選択した状態で右クリックを押し、「属性変更(A)」を選択します。

/httpdocs/wiki以下の対象ディレクトリ選択

/httpdocs/wiki以下の対象ディレクトリ選択


/httpdocs/wiki以下の対象ディレクトリ選択
属性を707(オーナーとその他のチェックがすべて入っている状態)にし、「OK」を押します。
属性を707に変更

属性を707に変更


次は、「/httpdocs/wiki/wiki以下」「/httpdocs/wiki/cache以下」にそれぞれアクセスし、ディレクトリ配下のファイルをすべての属性を変更します。
以下は、「/httpdocs/wiki/wiki」にアクセスした例です。Ctrl+Aなどですべてのファイルを選択してから、右クリックし「属性変更(A)」を選択します。
5-2
「606(オーナーとその他の呼出、書込がON)」という状態に変更し、「OK」をクリックします。
5-3

STEP 6ブラウザでのアクセス

http://example.org/wiki/にブラウザでアクセスします。
ディレクトリのパーミッションが正しく設定されていれば以下のようなページが表示されます。
6-1
STEP2で設定した、パスワードは、「凍結」、「凍結解除」、ファイルの「添付」などの作業をする際に必要になりますが、ページの編集や新規作成時には必要ありません。
また、STEP2で設定した、modifier、modifierlinkは、作成したトップページのフッター部分に反映されていますのでそれぞれ確認してください。

STEP5のディレクトリパーミッションが正しく設定されていない場合は、このページに
Runtime error
Error message :
Directory is not found or not writable (●●_DIR)
というようなメッセージが表示されますので、パーミッション(属性、アクセス権)の見直しを行ってください。