ウェブアクセスレポートの閲覧ガイド

本ページではAwstatsのWebアクセス解析レポートへのアクセスの仕方とWebレポートの見方について説明します。
もしAwstats以外にご自分で独自に解析を設定されたい場合は、ご自分でログファイルをダウンロードされる等でご対応いただきますようお願いいたします。(Awstats以外の解析プログラムの案内はサポート対象外になりますのでご了承ください。)
ログのダウンロード等のガイドは別途掲載予定です。
アクセスレポートは「http://契約ドメイン名/plesk-stat/」以下で提供されますが、アクセス制限を掛ける場合は保護ディレクトリ機能で設定してください(プランにより、初期状態で保護ディレクトリ設定が行われてる場合がございます)。
また「http://契約ドメイン名/plesk-stat/webstat-ssl」としてアクセスいただくことでhttpsへのアクセスに対する解析結果も確認いただけます。
※Plesk11以降、SSLの統計ボタンは表示されていません
保護ディレクトリの設定

STEP 1ホスティング管理画面を開く

・START・FLEX・SECUREプラン
コントロールパネルにログインし、ホームタブを開きます。下記画像例では、ホームタブ欄に「example.org」が表示されていますが、ご契約システム名が記載されていることを確認してください。
”ドメイン(ご契約のシステム名)”>ドメイン欄「レポート」をクリックします。

・ADVANCE・EXPERTプラン>
Plesk画面ログイン後、左ナビ「ドメイン」>(対象ドメイン名)をクリックいただき、「レポート」アイコンをクリックください。

cprepoflexstart

レポートボタン

・RS/レンタルサーバープラン
ウェブサイトとドメインタブをクリック後、「WEB統計」をクリック。
(STEP 2と文末の付録は他プラン用のため、RS/レンタルサーバープランは「WEB統計」をクリックのみで閲覧いただけます)

statrs

STEP 2「Web統計」のアイコンをクリック

「(ご契約のシステム名)>Webサイトレポート」というページが表示されます。http://でスタートする通常のウェブコンテンツへのアクセスについてのレポートを見たい場合は「Web統計ボタン」をクリックします。
https://でスタートするSSLポートを使用したウェブコンテンツへのアクセスは「Web統計SSL」をクリックします。

cprepoflexstart2

Webサイトレポート、Web統計ボタン


※この際、STARTプランをお申し込みの場合、https(SSLポート)経由のコンテンツ配信はサービスに含まれていませんので、STARTプランの「Web統計SSL」のレポートは対象外となります。
※「Webalizerプリファレンス」はSTART・FLEXプランのお客様、 Awstatsを解析プログラムとして選択されているADVANCE・EXPERTプランのお客様には不要の項目となります。

もし「Web統計」のアイコンが灰色になっている場合は、設定をご確認ください。
Web統計のアイコンがグレーアウトしているのですが…

STEP 3Awstatsのウィンドウ起動:ウェブアクセスレポートの見方

Awstatsのレポートが別ウィンドウで立ち上がります。

Awstatsの概要

Awstatsはウェブのアクセスログを毎日解析し、当月のレポートページを作成します。当月分のレポートは、日を追うごとに前回集計分以降の新規ログ分の差分を追加で計上してゆくので、サマリー等で閲覧できるページ数などは変化していきます。

サマリー、訪問者/訪問数/ページ数/件数/バイト数

当月のアクセス概要についてまとめた項目です。
訪問者
当月にアクセスのあったユニークなIPアドレス数です。同じIPアドレスから2回アクセスがあった場合、1回にカウントされます。
訪問数
当月内アクセスのあったIPアドレス数の総数をカウントします。たとえば同じ日に時間を置いて、同一のIPアドレスから2回アクセス数があった場合は2としてカウントされます。(訪問者より多い値になります)
ページ数
一般的にサイトの指標とされる数値で、ページビューとも呼ばれます。当月内のアクセスのうち、「/」で終わったもの(「index.html 」も含む)や「~.html」、「.cgi」などの有効なアクセス数(エラーでないもの)をカウントします。.jpgファイルや.cssファイルなどへのアクセスは除かれます。
件数
「アクセス数」「ヒット数」とも呼ばれるもので、当月分のhtmlはもちろん、.jpg、.css等のファイルへのアクセスも1カウントとして計上します。
バイト数
「転送量」とも呼ばれるものです。当月、どれだけのファイル転送が生じたかを集計しています。

年単位で見ると、各月どのような数値データが残っているかをまとめた項目です。

日付

当月のログデータが存在する日ごとのアクセスをまとめたものです。日ごとの訪問者については、同じユーザと判断される場合は、最上部のサマリー内ではマイナスされています。

曜日

当月のログデータを曜日ごとにまとめた項目です。

時間

当月のログデータを0時~23時台の時間帯で区切ってまとめた項目です。

訪問者・ドメイン/国名

国別のアクセス元のデータは出る仕様にはなっていませんのでこのデータは無視してください。

ホスト

当月、アクセスの多かったIPアドレス順にまとめた項目です。

ロボット/スパイダーの訪問者

検索エンジン用として認知されているプログラムからのアクセスをまとめています。

訪問の長さ

ログデータより訪問者の平均的な滞在時間を推測したデータです。

ファイルの種類

当月、リクエストの多かったファイル種別を拡張子ごとにまとめた項目です。

URLページ(トップ10)

アクセスの多かったファイル名のトップ10です。ここでいう「入り口」とは「最初に訪れたページ」、「出口」は「最後に訪れたページ」の意味です。

オペレーティングシステム(トップ10)

Windows、MacOS、Linuxなど、当月のアクセス元の端末で使用されているOSを解析する項目です。

ブラウザ(トップ10)

ログデータからブラウザ名を特定できる場合に、レポートする項目です。

このサイトへのアクセス元

「リファラー」「参照元」のレポートです。

検索文字列

検索エンジンで特定の文字列を検索した結果、サイトにアクセスがあった場合はリスト化する項目です。

HTTPエラーコード

通常、成功したアクセスは200番、304番等のステータスコードが記録されますが、成功しなかったアクセスの数等をまとめている項目です。
以上でAwstatsのWebレポートの見方は終わりです。

付録

Web統計のアイコンがグレーアウトしているのですが…

Web統計のアイコンがグレーになっている場合、以下の方法でドメインのウェブ統計を有効にしていただく必要があります。
webstat_gray
■START・FLEXプランの場合
 1.コントロールパネルにログイン、システムタブを開く
 2.対象ドメイン名をクリック

■ADVANCE・EXPERTプランなど、Plesk8搭載プラン
 1.Pleskにログイン
 2.左ナビゲーション>「ドメイン」から対象ドメインをクリック

■以下Plesk8搭載共用、Plesk8専用サーバの各プラン共通
 3.「設定」をクリック
  サービス欄の「Web統計」の項目で「Awstats、Webalizer」のいずれかを選択
 4.「OK」を押します。

翌早朝よりWeb統計のプログラムが起動されるようになるため、 設定をいただいた後、即時反映という形ではございませんのでご了承ください。