登記前団体、企業の属性型JP仮登録の手続きについて

本ページは、登記前の団体様がEX-CLOUDで属性型JPのドメインを新規でご取得申請を行っていただく際の、必要情報をご案内します。

属性型JP(たとえばco.jp、or.jp)のドメインの運用は日本国内で登記を行っている会社、団体組織のみが登録できるドメインですが、近い将来登記を予定されている企業様が「仮登録」という状態で ~.CO.JPドメイン名を取得し、ウェブサイトを立ち上げるということは可能です。

>>参考サイト「設立準備中の企業等におけるCO.JPドメイン名などの運用について

また、この登記前団体様が、「仮登録」状態でドメインを保持できる期限は6ヶ月となっておりますので、仮登録後6ヶ月以内に、実際の企業の登記、そしてドメイン名の「本登録」手続きをしていただく必要がございますので、本登録の際の必要情報もあわせてご案内します。

STEP 1必要手順、必要書類

登記前団体様の属性型JP(or.jpやco.jp)の仮登録ですが、通常の新規ドメイン取得と同様の画面遷移でご購入をすすめていただきます。
属性型JPドメイン仮登録は、一般の属性型JPの新規取得とは申請必要項目も異なってまいりますので、お申し込み後、弊社サポートスタッフとのメールのやり取りで、取得申請用の情報を確定させていただきます。
オンラインストア上でのレジストラント連絡先情報の欄は赤字の入力例に従って入力いただければ結構です。

ただし、上述のように、仮登録には6ヶ月の期限がございます。実際の登記のご予定が6ヶ月以上先の場合は、一旦お断りをする場合がございます。
また、お客様のご都合で、または弊社から可能な手段を用いてお問い合わせをしても連絡が取れなかったため、6ヶ月以内のドメイン名仮登録後の本登録ができなかった場合、本来使えるようになるはずだった期間分(約6ヶ月分)の返金処理はございませんので、ご了承ください。

STEP 2仮登録時提出情報

ご注文の段階では通常のオンラインストアでのドメイン購入手続き同様に、レジストラント連絡先情報を赤字の記入例に従って入力いただきます。ご注文後、弊社サポートセンタースタッフとのメールのやり取りで申請情報を確定いたしますが、下記のような情報のご提出をお願いすることになります。

以下、「株式会社エグザンプル」という架空の登記前企業が「EXAMPLE.CO.JP」というドメイン名の取得申請を行う、という例でご案内いたします。

希望ドメイン名、組織情報

【希望ドメイン名】

EXAMPLE.CO.JP

【組織情報】

[組織名]    株式会社エグザンプル
[そしきめい]  かぶしきがいしゃえぐざんぷる
[Organization] Example Corporation
[郵便番号]   (登記予定の住所の郵便番号)(※)
[住所]     (登記予定の住所)(※)
[Address]   (登記予定の住所の英語表記)(※)
[組織種別]    株式会社
[Organization Type] Corporation
[通知アドレス] (空欄可)
※は、WHOISでは表示されませんが必須事項です

申請者情報

この項目は仮登録固有の情報です。本登録の際は、組織情報のところで記載した設立予定の企業の登記情報や代表取締役名、登記住所、正式な登記年月日と差し替えになります。 申請者は既に「登記済みの企業」もしくは、日本国内に住民登録されている個人で指定できます。

– 1.【申請者情報】法人様で申請いただく場合の例

[申請法人名]  有限会社エクスクラウド何某ドメイン
[申請者名]   何某 大二郎(上記法人の代表取締役)(※)
[Name]     EX-CLOUD Nanigashi Domain Ltd.    (※)
[肩書]         代表取締役                (※)
[登記年月日] XXX年X月X日                          (※)
[登記地住所] (有限会社エクスクラウド何某ドメインの登記住所)(※)
※は、WHOISでは表示されませんが必須事項です

– 2.【申請者情報】個人で申請いただく場合の例

[申請法人名] (空欄)
[申請者名]  何某 太郎
[Name]    Nanigashi,Taro(※)
[肩書]        (空欄)
[登記年月日]  (空欄)
[登記地住所]  住民票記載の住所(※)
※は、WHOISでは表示されませんが必須事項です

登録担当者情報

– 1. 【登録担当者情報】 登記前の団体で登録担当者を提出する例

[JPNICハンドル]
[氏名]       何某 太郎
[Last, First]   Nanigashi,Taro
[電子メール]   XXXX
[組織名]     株式会社エグザンプル 
[Organization]    Example Corporation
[郵便番号]      (登記予定地の郵便番号)
[住所]     (登記予定地の住所)
[Address]    (登記予定地の住所の英語表記)
[部署]     (決まっていなければ空欄可)
[Division]   (決まっていなければ空欄可)
[肩書]     (決まっていなければ空欄可)
[Title]     (決まっていなければ空欄可)
[電話番号]       連絡可能な番号(空欄不可)
[通知アドレス]

– 2. 【登録担当者情報】 登記済団体の登録担当者を提出する例
※本登録の際は、ドメインを取得した組織に所属した方で  再度登録しなおします。

[JPNICハンドル]
[氏名]      何某 大二郎
[Last, First]   Nanigahshi,Daijiro
[電子メール]   XXXX
[組織名]     有限会社エクスクラウド何某ドメイン
[Organization]    livedoor Shinjuku Domain Ltd.
[郵便番号]      (上記組織の郵便番号)
[住所]     (上記組織の住所)
[Address]    (上記組織の住所の英語表記)
[部署]     (決まっていなければ空欄可)
[Division]   (決まっていなければ空欄可)
[肩書]     (決まっていなければ空欄可)
[Title]     (決まっていなければ空欄可)
[電話番号]       連絡可能な番号(空欄不可)
[通知アドレス]   (空欄可)

STEP 3仮登録の際のWHOIS情報表示例

【仮登録の際のWhois情報の公開例】下記のようになります。

Domain Information: [ドメイン情報]

a. [ドメイン名]             EXAMPLE.CO.JP
e. [そしきめい]             かぶしきがいしゃえぐざんぷる
f. [組織名]                 (仮登録) 株式会社エグザンプル
                            (有限会社エクスクラウド何某ドメイン)
              ※個人で申請した場合は
              (何某 太郎)

g. [Organization]           (Scheduled) Example Corporation
k. [組織種別]               (予定) 株式会社
l. [Organization Type]      (Scheduled) Corporation
m. [登録担当者]             ”登録担当者のJPハンドル”
n. [技術連絡担当者]         (弊社担当者情報で登録します)
p. [ネームサーバ]           (弊社指定のサーバで登録します)
[状態]                      Advance-Registered (20YY/MM/DD)★
[登録年月日]                20YY/MM/DD
[接続年月日]                20YY/MM/DD
[最終更新]                  20YY/MM/DD HH:MM:SS (JST)

★には登録年月日の翌1日から換算して6ヶ月目の月末の日時が入ります。

STEP 4本登録時提出情報

仮登録ドメインの有効期限は6ヶ月ですので、ドメイン取得後6ヶ月以内に正規の登記情報とともに、本登録していただく必要がございます。

組織情報、代表者情報

オンラインストア上で入力いただいた組織情報上の登記年月日などはあくまでも予定日という扱いです。実際の登記終了後は、正確な登記年月日、登記住所等を登録いただく必要がございます。

【組織情報】登記された正式情報で登録します

[組織名]    株式会社エグザンプル
[そしきめい]  かぶしきがいしゃえぐざんぷる
[Organization] Example Corporation
[郵便番号]   (登記済住所の郵便番号)(※)
[住所]     (登記済の住所)(※)
[Address]   (登記済の住所の英語表記)(※)
[組織種別]    株式会社
[Organization Type] Corporation
[通知アドレス] (空欄可)

【代表者情報】登記された正式情報で登録します

[代表者名]   何某 太郎
       (株式会社エグザンプルの組織代表者名)
[Name]     Nanigashi,Taro
[肩書]     代表取締役

登録担当者情報

【登録担当者情報】
企業正式登記後の登録担当者様情報は、当該組織の所属の方で登録する必要がございます。

[JPNICハンドル]
[氏名]       何某 太郎 
[Last, First]   Nanigashi,Taro
[電子メール]    XXXXXXX
[組織名]      株式会社 エグザンプル
[Organization]   Example Corporation
[郵便番号]    (郵便番号)
[住所]      (住所)
[Address]     (住所の英語表記)
[部署]      (決まっていなければ空欄可)
[Division]    (決まっていなければ空欄可)
[肩書]      (決まっていなければ空欄可)
[Title]     (決まっていなければ空欄可)
[電話番号]    XX-XXXX-XXXX
[FAX番号]    (決まっていなければ空欄可)

STEP 5本登録の際のWHOIS情報表示例

【本登録の際のWhois情報の公開例】下記のようになります。

Domain Information: [ドメイン情報]

a. [ドメイン名]             EXAMPLE.CO.JP
e. [そしきめい]             かぶしきがいしゃえぐざんぷる
f. [組織名]                  株式会社エグザンプル
                ~仮登録時の申請者情報は消えます~
g. [Organization]           Example Corporation
              ~仮登録時の(Scheduled)は消えます~
k. [組織種別]               株式会社
              ~仮登録時の(予定)は消えます~
l. [Organization Type]      Corporation
              ~仮登録時の(Scheduled)は消えます~
m. [登録担当者]             ”登録担当者のJPハンドル”
n. [技術連絡担当者]         (弊社担当者情報で登録します)
p. [ネームサーバ]           (弊社指定のサーバで登録します)
[状態]                      Advance-Registered (20YY/MM/DD)★
[登録年月日]                20YY/MM/DD
[接続年月日]                20YY/MM/DD
[最終更新]                  20YY/MM/DD HH:MM:SS (JST)

★はドメインの有効期限です。登録年月日翌月1日から数えて、12ヶ月目の月末に変更になります。