専用SSL証明書更新の流れ

ここでは専用SSL証明書更新の手順についてご説明します。

更新については以下の点をご注意ください。
・専用SSL証明書は自動更新にはなりません
・毎年申請を行なう必要があります
・発行に時間がかかる場合があります

代表的なシマンテック社(※旧日本ベリサイン社)のセキュアサーバID取得の際の流れをご案内しております。

有効期限60日前後から、弊社から更新の意思の有無のお問い合わせをお送りします。入金後は、新規取得の際と同様の申請書類作成、シマンテック社の審査がございますので、ご理解とスムーズな取得のためのご協力をお願いいたします。

期限60日前、注文データ作成からご入金までの流れ

現行の専用SSL証明書の期限日のおよそ60日前になりましたら、当社から期限のお知らせと更新手続きについてのご案内をお送りします。下記は期限60日前から、ご入金までの流れになります。
1-1


内容をご確認の上、「更新する意思の有無」をご連絡ください。
1-2


更新する、という意思をご確認出来た場合、弊社からSSLの注文請求データを発行いたします。
1-3

1-4


注文データが作成終了いたしましたら、請求発行のご報告と、ご入金のご依頼を兼ねたご案内をご送付いたします。
1-5


お客様にてご入金いただきますが、支払い方法によって手順がことなります。
お客様からのご入金を確認後、当社にて申請手続きを開始します。
以降の手順は、新規専用SSL証明書取得手順と同じになりますので、こちらのガイドにて詳細をご確認ください。
>>SSLサーバ証明書取得手続き<シマンテック編>
>>SSLサーバ証明書取得手続き<ジオトラスト編>
>>SSLサーバ証明書取得手続き<サイバートラスト編>
※”専用SSLサーバ証明書取得、設定の流れ”のうち 2. ~10. は、更新も新規取得も同様手続きとなります。

証明書期限とディスティングイッシュネーム確認方法

Internet Explorer の場合の確認例を紹介いたします。
1. 「https://(SSLサーバ証明書を取得したコモンネーム)」に接続
2. ブラウザのアドレスバーの南京錠マークをクリック
3. 証明書の表示をクリック
証明書ウィンドウが立ち上がります。
4. 「証明書」ウィンドウ「全般」タブにて、有効期限の確認
5. 「証明書」ウィンドウ「詳細」タブを開き、フィールド欄の「サブジェクト」をクリック。
ディスティングイッシュネームの情報が確認できます

Google Chrome での例はこちらをご参照ください。
Chrome でのサイト接続を確認する – Chromeヘルプ

SSLサーバ証明書新規取得と更新の違い

更新の場合でも、新規の場合でもインストール後のブラウザ上での表記や、機能には差異はありません。

SSLサーバ証明書には1年の期限がございますが、新規の場合は証明書発行から1年間の有効期限になります。更新の場合は、前回の証明書期限に1年(シマンテックサーバ証明書の場合は1年と約2週間分プラスした有効期限)になります。

更新するつもりが「新規取得」になるケースは下記のような場合です。
ディスティングイッシュネーム(CSR情報)が変わった場合
たとえば
コモンネーム(SSLをサービスするホスト名)の変更
組織団体の英語名称の変更
組織団体の部門名の変更
組織の市町村、都道府県名の変更
があった場合など。
現行の証明書期限を超過した後の証明書取得
いったん期限が切れると、更新扱いにはなりません。

お支払い方法

更新される場合には、当社より更新注文を作成後メールにてご連絡いたしますので、お客様の支払い方法に応じてお支払いをお願いします。

クレジットカード払いの場合

次の手順でコントロールパネルよりお支払い手続きをお願いします。
-手順-

  • コントロールパネルにログイン
  • アカウントタブの『課金履歴』をクリック
  • 専用SSL証明書の注文のステータスがオープンとなっているので内容を確認の上『請求書』をクリック
  • 『このドキュメント支払』というボタンをクリック
  • 下記のどちらかを選択し、『続く』ボタンをクリックし、お支払いください
    ・現在ご登録中のクレジットカードでお支払いただく方法
    ・新しく登録するか選択していただく方法

銀行振込の場合

当社より請求書をお送りします。到着しましたら内容を確認の上、お振込をお願いします。

SSLサーバ証明書更新しない場合のご注意

  • 更新手続きを行わないという場合も、大変お手数ですが当社へご一報いただきますようお願いいたします。
  • 更新手続きを行わずに有効期限が切れますと、ブラウザで該当ページにアクセスした際にエラーメッセージが表示されますのでご注意
  • FLEXプラン+専用SSLでご利用のお客様が、SSL注文を更新されない場合、IPアドレス共用にプランを変更いただく必要がございます。