PICOUNTER


本ガイドはサポート対象外の説明を含む内容となります。
参考情報としてお読みいただき、お客様のご判断でご利用ください。

STEP 1ソースのダウンロード

PICOUNTERの配布サイトから、 カウンタープログラムをダウンロードし、ZIP形式のファイルを解凍します。
1-1
picounter_ver1.00というフォルダが出来上がります。
1-2
上記のアップロード場所については、STEP3で説明します。

STEP 2picount.cgi とini.cgiの編集

picount.cgiの編集
メモ帳などでpicount.cgi のパスを書き換えます。

編集前「#!/usr/local/bin/perl」→編集後「#!/usr/bin/perl」

編集前「#!/usr/local/bin/perl」→編集後「#!/usr/bin/perl」


ini.cgiの編集
ini.cgi の下記を編集します。
最終的にCGI動的ファイル群、ログファイルは/cgi-bin/picounter/ 以下、
静的ファイル群は/httpdocs/picounter/以下
に置くように本例では解説します。
2-2
#画像フォルダ
$icon = ‘/picounter/icon/’;
#カウンタ画像置き場(Total)
$imgdir = ‘../httpdocs/picounter/icon/img/’;
#カウンタ画像置き場(today yesterday)
$imgdir = ‘../httpdocs/picounter/icon/img/’;
(中略)
#サイトのTOPURL
$saiturl = ‘http://example.org’;
#サイトTOPからの設置しているCGIディレクトリまでのパス
$cgiuri = ‘/cgi-bin/picounter/’;
(中略)
#管理用Pass
$passwd = ‘○○○○(任意の英数字)’;
(中略)
#解析画面のCSSファイル
$css = ‘/picounter/style.css’;

STEP 3ファイルアップロードと属性変更

最終的には、下記のようにアップロードします。

/ httdocs / picounter [フォルダ] [707] rwx---rwx
      ├icon[フォルダ]  [705] rwx---r-x
      ├pop.html
      └style.css

/ cgi-bin / picounter [フォルダ] [707] rwx---rwx
      ├lock[フォルダ] [707] rwx---rwx
      ├acse.cgi    [606] rw----rw-
      ├gifcat.pl   [604] rw----r--
      ├init.cgi   [604] rw----r--
      ├login.cgi   [606] rw----rw-
      └picount.cgi  [705] rwx---r-x

お手持ちのコンピュータ上のファイルをサーバの/httpdocs/以下にそのままアップロードすると「picounter_ver1.00」というフォルダ名になるので変更しておきます。
フォルダをFTPソフトでアップロード後、フォルダ名を変更ください。FFFTPの場合、右ウィンドウ、サーバ側の「picounter_ver1.00」を右クリックし、「名前変更(N)」を選択して行います。

FFFTPでの作業:右クリック>「名前変更(N)」

FFFTPでの作業:右クリック>「名前変更(N)」

picounterを入力、OKを押す

picounterを入力、OKを押す


属性(パーミッション)変更は、FTPソフトやファイルマネージャなどで 行うことができます。FFFTPの場合、右クリックで「属性変更(A)」を 選択し、属性変更を行います。
FFFTPでの作業:右クリック>「属性変更(A)」

FFFTPでの作業:右クリック>「属性変更(A)」

STEP 4動作確認

基幹となるプログラムは「picount.cgi」です。 下記それぞれに対応するURLを見て挙動を確認します。
4-1
picount.cgi?mode=kaiseki
設定したパスワードでログインできる。
累積解析結果の表示。
picount.cgi?mode=img
累積アクセス数画像(カウントUPなし)
ini.cgi内の$figで指定した桁数(既定値7)
picount.cgi?mode=img2
累積アクセス数画像(カウントUPあり)
ini.cgi内の$figで指定した桁数(既定値7)
picount.cgi?mode=timg
カウンタ画像、当日分
ini.cgi内の$fig2で指定した桁数(既定値5)
picount.cgi?mode=yimg
カウンタ画像、昨日分
ini.cgi内の$fig2で指定した桁数(既定値5)
picount.cgi?mode=js
テキストデータ、Javascriptが表示される。

カウンタを設置できる準備は完了です。 のシンプルな表示はトータルカウント数は下記のようなタグになります。

<script type="text/javascript" src="http://example.org/cgi-bin/picounter/picount.cgi?mode=js">
</script>
<noscript>
<img src="http://example.org/cgi-bin/picounter/picount.cgi?mode=img2" alt="picounter"></noscript>

本日のお客様数を表示させたい場合は、

<img src="http://example.org/cgi-bin/picounter/picount.cgi?mode=timg">

のタグなどを加えます。