ホスティング領域作成ガイド【FLEX】

本ガイドは、FLEXプランをご契約の方が、ドメインの設定を行う手順のご案内です。

STEP 1コントロールパネルにログイン

コントロールパネルにログインし、上部契約で対象のFLEXプランを選択、「ホーム」タブを開きます
初回購入時には、画面中央下部に既に指定したドメイン名が存在します。secure_00
【購入時に指定したドメインを初回設定する場合】
そのドメイン名をクリックします。 次画面で「設定」をクリックし、STEP3に進みます。
arrowsecure_01
【複数ドメインを追加する場合】
FLEX プランでは、オプションサービスを利用することにより、 合計10までホスティング領域を利用する事ができます。購入時に指定したドメインではなく、新規のドメイン名を追加するには、オプション購入後、「新しいドメインの追加」アイコンをクリックします。するとSTEP2の画面になります。secure_00domaincreatearrow

STEP 2ドメイン名を設定

※購入時に指定されたドメイン名でホスティングの設定をされる場合は、STEP3に進みます。
追加でドメインを作成される場合は、上述のように、「新しいドメインの追加」アイコンをクリックします。すると下記の画面になりますので、ドメイン名を設定します。secure_00mult

追加したいドメイン名を入力します。
www.[ドメイン名] / [ドメイン名] の2URLでの運用する場合、
wwwの右のチェックボックスにチェックを入れます。
[ドメイン名] の1URLでの運用する場合、
wwwの右のチェックボックスにチェックを外します。

「テンプレートを使わずにドメインを作成する」を選択してOKボタンをクリックします。

STEP 3IPアドレス、FTPアカウントとサービスの設定

WEBサイトのホスティングをこのサーバで行うには 「物理ホスティング」を選択します。
通常はこの「物理ホスティング」を選択してください。

物理ホスティング

物理ホスティング


【参考情報】
他のサーバー上でホスティングされているサイトへ転送する場合 は、「標準転送」又は「フレーム転送」を選択します。
・「標準転送」では、転送先のコンテンツが表示され、URLは転送先のものに切り替わります。
・「フレーム転送」では、転送先のコンテンツが表示されますが、URLの表示は転送元のままとなります。

STEP 4追加されたドメインの確認

下記はFLEXの一般的な設定例です。

設定画面の例

設定画面の例

項目 説明
IPアドレス FLEXプランは、共用のIPアドレス1つが割り当てられたプランです。追加で IPアドレスを購入しない限りは何も操作できません。
プリファレンス 通常「SSL対応」にはチェックを入れません。IPアドレスを追加購入しSSL証明書を導入する場合についてはチェックを入れて運用することもできます。

「SSL認証を受けないコンテンツと同じディレクトリにSSLを受けるコンテンツを設置する」について
チェックを入れた場合:
/httpdocs/以下に、ファイルをアップロードします。非SSL、SSL対応サイトのコンテンツの両方、同じフォルダを参照します。
チェックを入れない場合:
非SSLサイトは /httpdocs/以下に、SSL対応サイトは、/httpsdocs/以下のフォルダにコンテンツをアップロードする設定です。

アカウントプリファレンス 物理ホスティングを選択した場合、FTPログイン名とパスワードの設定は必須です。FTPでログインするユーザー名とパスワードを入力します。通常のFTPアカウントの場合「システムアクセス=拒否」の状態で問題ございません。(※)
サービス 目的に応じてチェックを入れます。

・PHPセーフモードの指定(ON/OFF)
・WEB統計ツールの指定(Awstats/Webalizer)など

※「システムアクセス=/bin/bash (chrooted)」を選択いただいた場合、限定された環境でのSSH接続が可能になる仕様となっておりましたが、セキュリティの都合により、SSH接続サービスは停止させていただいております。

入力とチェックが終わりましたら、「OK」をクリックして設定は完了です。

STEP 5追加されたドメインの確認

完了後はSTEP1の手順でドメイン名をクリックすると、様々な アイコンが表示されます。
また画面上段に追加されたドメイン名が表示されていますので 確認してください。
secure_04
以上でホスティング領域の有効化(追加)作業は完了です。

STEP 6ドメイン制限値の調整

FLEXプランは、全体の容量100GBで最大10ドメインまで運営できるシステムであることから、1ドメインに対し、ディスク容量や、メーリングリスト数はご契約プラン全体の制限値の約10分の1で設定させていただいております。
たとえば、容量に対してですが、
各ドメイン作成時、10GB (= 10240MB)で設定されますが、
プランの上限100GB (= 102400MB)を超えない範囲で制限変更が可能です。

ドメイン側の制限値の変更手順

  • コントロールパネルにログイン、システムタブを開く
  • example.org(物理ホスティング設定済みのドメイン名)を選択
  • 「制限」をクリック
  • “ドメイン「example.org」の制限”、というページにて、値を調整し「OK」をクリック

なお、FLEXのプラン全体の制限値を確認するには、「クライアントの制限値」というところで確認できます。クライアントの制限値は、下記の手順で内容を確認してください。

クライアント制限値(ご契約のFLEXプランの制限値)の確認手順

  • コントロールパネルログイン、システムタブを開く
  • 「制限」欄をクリック
    →”クライアント○○○○(XXX-XXXX)の制限”というページにて、ご契約プランの制限内容を確認ください。

【参考】FLEX サーバの1ドメインの制限値(既定)

ディスク容量以外にも以下のような制限が割り当てられます(以下は変更可能なものです)

項目 既定値 プラン上限
最大サブドメイン数 10 (プラン上限100)
最大ドメイン エイリアス数 0 (プラン上限1)
ディスク容量 10240(MB) (プラン上限102400 MB)
トラフィックの上限量 無制限
最大データベース数 10 (プラン上限100)
最大メールボックス数 無制限
メールボックスクォータ 無制限
最大メール転送数 無制限
最大メールグループ数 10 (プラン上限100)
最大メール自動応答数 無制限
最大メーリングリスト数 10 (プラン上限100)
最大Javaアプリケーション数 2 (プラン上限15)