FTPアカウントの追加パターン3【ADVANCE/EXPERT/Plesk8】

こちらはWebユーザというの機能をつかってウェブページを公開可能なFTPアカウントを追加する方法です。
Webユーザの公開できるURLは 「http://ドメイン名/~ユーザ名/」というなります。

こちらの設定方法ガイドを合わせまして「Webユーザアカウント」ガイドもご参照ください。

STEP 1>ドメイン>当該ドメイン名を開く

にログインし、左ナビゲーション「ドメイン」をクリック、その後、作成済みのドメイン名をクリックします。arrow

STEP 2ホスティング欄「Webユーザ」をクリック

ホスティング欄「Webユーザ」をクリックします。
advwebuser1arrow

STEP 3新しいWebユーザの追加

「新しいWebユーザの追加」ボタンを押します。
advwebuser2arrow
Webユーザ名
  ここで入力したユーザ名にて、公開URLとFTPアカウントが決定します。
  http(https)://[ご契約ドメイン名]/~Webユーザ名/
  このWebユーザアカウント名は サーバシステム上でユニークなユーザ名を選択する 必要があります。異なるドメイン名以下であっても重複して作成しようとするとエラーに なります。FTPアカウントもこの文字列になります。半角英数字での設定をお願いいたします。
  以下の画像の例ですと
  公開URL⇒ http(https)://example.org/~campaign/
  FTPアカウント⇒campaign
が設定されます。
新しいパスワード
  パスワードを入力します。これがFTP接続の際の、FTPパスワードとなります。
パスワードの確認
  「新しいパスワード」と同じ文字列を入力します。

既定では「無制限」にチェックが入っています。
特に変更の必要はありませんが、ユーザの利用ディスク容量制限を決めたい場合は、チェックをはずし、MB(メガバイト)単位で容量を入力ください。
入力が終わりましたら、「OK」を押します。
advwebuser3arrow

STEP 4プリファレンスの設定

もしWebユーザのFTP領域にもCGIスクリプトを設置したい場合は、「プリファレンス」を変更する必要があります。
対象ドメイン名>Webユーザの画面にて「プリファレンス」をクリックします。
advwebuser2_prefarrowWebユーザにスクリプトの使用を許可するのチェックボックスにチェックを入れ、「OK」を押します。
このチェックが入っていると、 当該ドメインのWebユーザすべてのFTPフォルダにおいて、CGI設置が有効になります。advwebuser4

STEP 5FTP設定内容、サーバ内のパス

FTPサーバ名(ホスト名)
  ftp.(ドメイン名)を設定します。他社からのサーバ移行作業中などで、ホスト名では当サービスのご契約サーバを特定できない場合などはIPアドレスでご指定ください。(※)
FTPアカウント名(FTPユーザID)
  STEP3で設定した、「Webユーザ名」になります。本例では「campaign」が該当します。
パスワード
  STEP3で設定したパスワードを入力します。
サーバ側の初期ディレクトリ
  「/」(スラッシュ)にて設定ください。

ftp_webuser

参考例:FFFTPの設定例


【サーバ内のパス】
/var/www/vhosts/【ドメイン名】/webusers/【Webユーザアカウント名】
がサーバ内のパスとなります。本例の場合
/var/www/vhosts/example.org/webusers/campaign/
となります。