EX-SCALE(Plesk搭載)利用開始の手引き

この「利用開始の手引き」では、プランのお申し込をみされ、サービスが開始したお客様が最初に行うことについて説明します。
ここでは主にサーバ管理ツール「Plesk 11」によるホスティング利用方法について案内しています。

なお、他社からの移行をされるお客様はこちらもあわせてご覧下さい。

STEP 1コントロールパネルとPleskの違い

このプランでは、主に契約管理やオプションの購入、サポートへの問合せができる「コントロールパネル」と、ホスティング領域の管理を行うための「Plesk」という2つの管理ツールをご提供しています。

それぞれの違いについてはこちらをご覧下さい。
>>コントロールパネルとPleskの違い

STEP 2Pleskの初期設定

サービス開始時の管理者パスワードについてはプログラムによって上書きされた 状態で文字列を確認することができません。 管理者(admin)パスワードリセットの方法をご参照いただいた後、パスワードをご確認ください。
Pleskは初期状態になっていますので、まずは初期設定を行います。

こちらのガイドにしたがって初期設定を行ってください。
>>Plesk初回アクセスガイド

上記ガイドのSTEP5ですでに1つめのウェブサイト用のホスティング設定が行われています。
早速FTPアクセスを確認したいという方はこちらをご参照ください。
>>FTPアカウント情報の確認方法【Plesk11】

STEP 3ネームサーバとDNS情報の設定

たとえば、www.example.orgのホームページの内容はどこのサーバにあるのか?とか、example.orgのメールはどこのサーバに配送するのか?などの情報はドメインを管理しているネームサーバに格納されます。
このネームサーバのDNS情報を適切に設定する事により、当社サーバにアップロードされたホームページ情報やメールボックスに世界中からアクセスができるようになります。
ネームサーバとDNS情報(ゾーン情報)の詳しい設定方法はこちらをご覧下さい。
>>ネームサーバとDNS情報の管理方法

複数ドメインでサイトの運用をする場合はSTEP6にて後述します。

STEP 4メールアドレスの作成

サブミッションポートを有効にするためにメールサーバの初期設定を行います。
>>メールサーバ初期設定【Plesk11】
メールアドレスを作成します。
作成するメールアドレスは、利用するドメイン名(例:example.org)のアットマークの前の部分を自由に指定して設定することができます。(例:任意の文字列@example.org)

メールアドレスの作成方法についてはこちらをご覧ください。
>>新規メールアドレス作成手順(基本編)【Plesk11】

メールアドレスの作成ができたら転送設定なども行えます。
>>メーリングリストの作成方法(転送)【Plesk11】

STEP 5ホームページの作成とファイル転送

ホームページの作成には、ホームページに必要なファイルの作成と、作成したファイルの転送があります。詳細については以下のガイドをご覧下さい。
>>ホームページの作成とファイル転送

STEP 6複数ドメインのホスティング追加

Plesk11ではウェブスペース内に複数のドメインを追加して一括管理することが可能です。 基本のドメインホスティング追加の方法については以下をご参照ください。
>>既存ウェブスペース内へのドメイン追加方法【Plesk11】

複数ドメインによるサイトの登録方法【Plesk11】のガイドでは、2種類のホスティング領域の作成方法をご案内しておりますが、ウェブスペースをもうひとつ追加し、管理を分けたいという場合は以下をご参照ください。
>>ウェブスペース追加作成方法【Plesk11】

STEP 7チケットシステムの利用

初期起動、サービス運用について、ご不明な点はコントロールパネル上のお問い合わせツール”チケットシステム”等をご活用いただき、サポートセンターに直接お問い合わせいただくことができます。
>>トラブルチケットのご利用方法

STEP 8バックアップの取得方法、監視サービスの確認

同プランではrootでの作業が可能なプランとなっておりますので、さまざまなレベルでのサーバ設定変更が可能となります。管理画面上で可能なバックアップ方法は、こちらでご確認ください。
>>バックアップサービスについて

サーバ設定に関わる作業等を行なう際には、事前にバックアップをしてから作業される事をお勧めします。 なお監視については、サーバ内に設定済みのMuninというツールでのモニタリングと、お客様に設定していただけるPlesk Watchdogモジュールなどがございます。
>>EX-CLOUD監視サービスについて

STEP 9有料オプションサービスのご利用

[パワーパック]
PowerPackオプションまたはPlusオプションをお申し込みいただいた方はPleskのPowerPackで提供される次の機能を利用することができます。

  • PostgreSQL
  • SpamAsassin
  • Tomcat
  • Web Presence Builder

[Dr.WEB(アンチウイルス)]
送受信メールのウイルスチェック機能を有効にする機能が搭載されています。
こちらをご覧ください。

STEP 10無料オプションサービスのご依頼

IPアドレスの逆引き設定などのご希望などございましたら個別にご依頼ください。
IPアドレスの逆引き設定をしたいのですが…

STEP 11カスタマイズされる場合の注意事項

サーバ管理ツール「Plesk」では様々な設定をブラウザ上で行うことが可能ですが、本プランではroot権限を提供しているため、サーバ内の各設定ファイルをSSHやコントロールパネルのファイルマネージャより直接お客様側で書き換えることが可能です。

なお、「Plesk」では自動アップデートが用意されているため、お客様が編集した設定ファイルもアップデートにより初期化、またはアップデートによる書換えが行われる場合があるため、設定ファイルを直接編集することを推奨しておりません。 また、Plesk外からの編集を行った場合、メーカーサポートも受けることが出来ないため、弊社でもサポート対象外とさせていただいております。

運用上、「Plesk」から編集出来ない設定を行う場合は下記も参考にご確認ください。
1.Pleskのアップデートポリシーはどのようになっていますか?
2.my.cnfの編集をしても問題ないでしょうか?