EX-SCALE(Plesk非搭載)利用開始の手引き

この「利用開始の手引き」では、プランのお申し込をみされ、サービスが開始したお客様が最初に行うことについて説明します。

STEP 1コントロールパネルについて

コントロールパネルでは、主に契約管理やオプションの購入、一部のシステム管理、ファイル確認、サポートへの問合せができるツールです。
Pleskを利用しない場合、コントロールパネルのシステムタブは、 サーバ全体のサービスや設定の管理を行います。
コントロールパネルシステムタブ概要(Plesk非搭載)

STEP 2ネームサーバとDNS情報の設定

たとえば、www.example.orgのホームページの内容はどこのサーバにあるのか?とか、example.orgのメールはどこのサーバに配送するのか?などの情報はドメインを管理しているネームサーバに格納されます。
このネームサーバのDNS情報を適切に設定する事により、当社サーバにアップロードされたホームページ情報やメールボックスに世界中からアクセスができるようになります。
ネームサーバとDNS情報(ゾーン情報)の詳しい設定方法はこちらをご覧下さい。
>>ネームサーバとDNS情報の管理方法

管理ドメイン数が10を超える方へ
EX-SCALEプランではコントロールパネルでドメインホスティングできる他社様取得のドメイン名のDNSゾーン数が標準で10までとなっております。他社様取得のドメインが10以上あり、そのドメインのDNSゾーンを当社コントロールパネルで管理したい場合、10ゾーン単位で追加購入することができます。
コントロールパネルのアップグレードセンターよりお申し込みください。
・ 10ゾーン単位 1,080円(税込)/月

STEP 3メールアドレスの作成

メールサーバとしてご利用の方は、メールアドレスを作成します。

Plesk非搭載の方の場合は、受信用メール配送エージェントについてはインストールされておりませんのでご自身でインストールいただく必要があります。
またSendmailプログラムはインストール済みです。
コマンドラインの作業での作業で管理される方はご自身の使い慣れたメール配送ソフトウエアをインストールいただき、アカウント作成いただきますようお願いいたします。

当社ではインストール済みのSendmailを停止した上で、qmail、vpopmail、ezmlm、autorespondをコマンドラインで追加するという形で、動作検証をしております。
(アカウント作成や、設定変更等はすべてコマンドラインでの管理となります。)

qmailのPOP、SMTPサーバにつきましては、当社にてインストール代行(有償)を承りますのでサポートセンターまでご相談ください。

STEP 4チケットシステムの利用

初期起動、サービス運用について、ご不明な点はコントロールパネル上のお問い合わせツール”チケットシステム”等をご活用いただき、サポートセンターに直接お問い合わせいただくことができます。
>>トラブルチケットのご利用方法

STEP 5バックアップの取得方法、監視サービスの確認

同プランではrootでの作業が可能なプランとなっておりますので、さまざまなレベルでのサーバ設定変更が可能となります。管理画面上で可能なバックアップ方法は、こちらでご確認ください。
>>バックアップサービスについて

サーバ設定に関わる作業等を行なう際には、事前にバックアップをしてから作業される事をお勧めします。
なお監視については、サーバ内にインストール可能なMuninというツールでのモニタリング、monit等の外部ツールをインストール、設定いただく方法などがございます。
>>EX-SCALE監視サービスについて

STEP 6無料オプションサービスのご依頼

IPアドレスの逆引き設定などのご希望などございましたら個別にご依頼ください。
IPアドレスの逆引き設定をしたいのですが…