Plesk11初回アクセスガイド

STEP 1Plesk画面にアクセス、ログイン

https://(ご契約ドメイン名):8443 もしくは https://(ご契約IPアドレス):8443 にアクセスします。

Plesk11 ログイン画面

Plesk11 ログイン画面

※ご契約ドメイン名は、サービス開始時に送られる「サービス開始のおしらせ」というメールでもご確認可能です。このメールの「契約名」の部分に書かれているドメイン名がご契約ドメイン名となります。
※ご契約ドメイン名の設定が都合によりアクセス不可能な場合は、IPアドレスによる接続をご案内していますが、ご契約IPアドレスの確認方法につきましてはこちらをご覧ください。→IPアドレス確認の方法【EX-CLOUD】

Pleskは自己認証型のサーバ証明書を使っておりますので、初回のブラウザアクセス時、 サーバの証明書に対して、警告表示がされることがあります。 その場合、それぞれのブラウザで警告を解除ください。

ブラウザエラーの例

ブラウザエラーの例

※FireFox>「安全な接続ではありません」>「エラー内容」>「例外を追加」>「セキュリティ例外を承認(C)」
※Internet Explorer >このサイトの閲覧を続行する
※Google Chrome 「このサイトのセキュリティ証明書は信頼できません」等  >このまま続行
※Google Chrome「この接続ではプライバシーが保護されません」等 >詳細設定>「●●●●にアクセスする(安全ではありません)」

STEP 2パラレルスエンドユーザーライセンス合意書画面

ログインが成功しますと、パラレルスエンドユーザーライセンス合意書画面が表示されます。

エンドユーザライセンス契約画面

エンドユーザライセンス契約画面

内容に合意できたら「ライセンス合意書に合意します」にチェックを入れます。今後このページを表示させたくない時は「このページを表示させません」にもチェックを入れます。

「受諾する」を押し、送信します。

STEP 3フルホスト名、デフォルトIPアドレス、共有アドレスの選択

下記のような画面が表示されます。

フルホスト名、デフォルトIPアドレス

フルホスト名、デフォルトIPアドレス

デフォルトIPアドレス欄は、複数IPをご契約いただいていない場合には1つしか表示されません。複数のIPアドレスをご契約でデフォルトIPアドレスを変更したい場合は変更してください。特に変更する必要がなければそのまま画面をスクロールます。
専用/共有IPアドレス、管理者設定(管理者パスワード)

専用/共有IPアドレス、管理者設定(管理者パスワード)

同一IPアドレスでバーチャルホストを複数運営したい場合などは共有IPアドレスをこちらで設定しておきます。既定値では占有IPアドレス欄にIPアドレスが入力されていますが、共有IPアドレスに設定を変更したい場合は、当該IPアドレスをクリックして選択し、「共有>>」ボタンを押してください。
その下は、デフォルト管理者パスワードを変更する欄です。今後使用する予定の管理者パスワードを入力します。最低でも5文字以上(20文字以内)で設定ください。

なお初期設定変更後のパスワードの管理はユーザ様の側での管理となります。サポートデスクでの照会サポートなどはいたしておりません。
どうしてもわからなくない場合の確認方法などはコマンドライン上の操作が必要となりますのでご了承ください。
「*」印の必須フィールドをすべて入力したことを確認し、「OK」ボタンを押します。

STEP 4管理者情報  [無料お試しPleskのみ ライセンスアップロード ]

管理者情報

管理者情報

管理者情報の入力画面です。
必須項目は
– 会社名
– 連絡先(※)
– 電話番号
– メールアドレス
– 番地
– 市区町村
– 都道府県
– 郵便番号
– 国
です。
(※)「連絡先」についてはシステム担当者様のお名前で結構ですが、本例では「管理者アカウント」等一般名称で設定しています。
『Parallelsからセキュリティ関連の情報やその他の技術的な通知を 受け取る』および『Parallelsから製品情報やアナウンスを受け取る』 については任意のチェック項目です。

それぞのの項目の入力が終わったら「OK」で送信してください。

無料お試しPleskのみ ライセンスアップロード

無料お試し版のPlesk搭載プランの場合のみ以下のような画面になりますので、あらかじめダウンロードしておいたライセンスファイルをアップロードください。ダウンロードされていない方は以下をご参照ください。
ライセンスファイルの取得【無料お試しPlesk搭載プラン】

ライセンスアップデート画面(無料お試しのみ)

ライセンスアップデート画面(無料お試しのみ)

arrow
ライセンスアップロード画面(無料お試しのみ)

ライセンスアップロード画面(無料お試しのみ)

  • ライセンスキーファイルをアップロードを選択します。数字つきリスト
  • 参照ボタンを押し、コンピュータ上のライセンスファイル(PLSK.***で開始するファイルです)を選択します。
  • 「OK」をクリックします。

正常に終了しますとSTEP5の入力画面になります。

STEP 5ウェブサイト情報(最初のウェブスペースの作成)

ウェブサイト情報の項目です。
Plesk11では『ウェブスペース』という概念があり、ここでホスト名ベースの代表名を登録する必要があります。ウェブスペースはウェブサイトとメールを運営するためのものですが、”複数ドメインホスティングのためのグループ”としてとらえていただけるものです。

(Plesk8をご利用のお客様については『クライアント』というドメインの一つ上の概念とも類似したイメージでもありますが、このウェブスペースもクライアント同様、ウェブとメールのホスティングをする際には事前に作成いただかなければならないものでもあります。
Plesk8の場合は初回Pleskアクセス時に「My Domains(mydomains)」のようなPleskログイン可能な初期クライアントユーザアカウントも発行できますが、Plesk11での初期ウェブスペースの作成操作では、Pleskログイン可能なウェブスペースアカウントは作成されません。本ステップでは初期のウェブスペースドメイン名を設定し、1つめのドメイン用のFTPアカウントを設定いただく形になります。)

ウェブサイト情報

ウェブサイト情報

– ドメイン名
– ユーザ名
– パスワード
– パスワード確認
は必須項目です。

初期ウェブスペースのドメイン名については、 ユーザ名はFTPログイン用ユーザとなります。
半角小文字の英字、ダッシュ、アンダースコア、半角数字が使用可能で、半角小文字の英字で始まり、1 文字から 16 文字の間でなければいけません。
パスワードは5文字以上で設定ください。
入力が終わったら「OK」を押します。

STEP 6ログイン完了

以下のような画面が表示されればログイン完了です。

Plesk11 ログイン後

Plesk11 ログイン後


上部には
「ログイン名」:STEP4で設定した連絡先名(本例では”管理者アカウント”)
「ウェブスペース」:STEP5で設定したドメイン名(本例では”◆◆◆◆.flxsrv.biz”)
と表示されています。
ログイン名、ウェブスペース名の表示確認

ログイン名、ウェブスペース名の表示確認


初期のウェブスペースの FTPログイン情報についてはSTEP5で設定済みの内容となりますが、FTPユーザ情報の確認や更新については、
FTPアカウント情報の確認方法【Plesk11】で確認ください。

またメールアドレスの作成については
新規メールアドレス作成手順(基本編)【Plesk11】

を参照ください。