Windows Live メール 2011/2012 (POP)

メールアドレスを作成し終わった方で、Windows Live メールをご利用中の方が、新規アカウントに設定を追加する基本設定の手順です。メールアドレスの作成の手順は 新規メールアドレス作成手順をご覧ください。
本例ではexample.orgというドメイン名で「taro@example.org」というアカウントを作成されたことを前提として案内を進めます。

~IPアドレス、共用サーバ代表ホスト名確認方法~
新規契約ではなく、サーバ移行中の場合は、送信サーバもしくは受信サーバ名の指定の際、ご利用中のドメイン名”mail.ドメイン名”ではアクセスできません。※1、※2いずれかの方法で、IPアドレス、もしくは共用サーバの代表ホスト名にてサーバ名を指定いただく必要があります。
※1. メールサーバ名については、他社様より移行される前の段階ではIPアドレスで弊社サーバをご指定いただきます。
IPアドレスの確認方法(START/FLEX/SECURE)
IPアドレスの確認方法(ADVANCE/EXPERT)
※2.レンタルサーバLite Basic Proをはじめとする 共用サーバのホスト名については 以下でご確認いただけます。他社様から移行中の方も移行前移行後を問わず、設定でご利用いただけます。
共用サーバーのホスト名を確認する方法

STEP 1Windows Live メールを起動

Windows のStartボタンから Windows Live メールを起動します。
0_windowslive
Windows Live メール

STEP 2「アカウント」タブを開き、「電子メール」をクリック

「アカウント」タブを開き、「電子メール」をクリックします。
1_windowslive
別ウィンドウが立ち上がります。

2-1.「自分の電子メールアカウントを追加する」画面での設定

「自分の電子メールアカウントを追加する」画面では以下を設定します。

  • 電子メールアドレス :taro@example.org
  • パスワード:(メールアカウント作成時に管理画面で設定したもの)
  • チェックON:パスワードを保存する(B)
  • 表示名:インフォメーション(任意ですので左は例です)
  • チェック任意:この電子メールアカウントを既定にする
  • チェックON:手動でサーバ設定を構成する(C)

「次へ」をクリックします。
2_windowslive

2-2.「サーバ設定を構成」の画面での設定

受信サーバ情報

  • サーバの種類:POP
  • サーバのアドレス:mail.example.org ( mail.ドメイン名)※1.
    Lite Basic Proは ●●.ex-cloud.com の共用サーバのホスト名 ※2.
  • ポート:110
      ⇒Lite Basic Proで ”セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)”にチェックを入れる場合は :995
  • チェックOFF:セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)
    Lite Basic Proで 上記の受信ポートを995で指定している場合は チェックON
  • 次を使用して認証する:クリアテキスト
  • ログオンユーザ名:taro@example.org

送信サーバ情報

  • サーバのアドレス:mail.example.org ( mail.ドメイン名)※1.
    Lite Basic Proは ●●.ex-cloud.com の共用サーバのホスト名 ※2.
  • ポート:587
    Lite Basic Proで SSLを有効にする場合は :465
  • チェックOFF:セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)
    Lite Basic Proで 上記の送信ポートを465で指定している場合は チェックON
  • チェックON:認証が必要(A)

※1.メールサーバ名については、他社様より移行される前の段階ではIPアドレスで弊社サーバをご指定いただきます。
IPアドレスの確認方法(START/FLEX/SECURE)
IPアドレスの確認方法(ADVANCE/EXPERT)
※2.Lite Basic Proをはじめとする 共用サーバのホスト名については 以下でご確認いただけます。他社様から移行中の方も移行前移行後を問わず、設定でご利用いただけます。
共用サーバーのホスト名を確認する方法

3_windowslive
「次へ」をクリックします。ここまでで基本の設定は終わりです。以降のステップで設定内容を確認と設定調整を行いします。

STEP 3設定の確認と詳細の調整

出来上がったアカウントがWindows Liveメールの左側に表示されます。
(例えば「mail.example(taro)」といったような略称の設定名が自動で つけられています)
その設定名を右クリックし 「プロパティ(R)」をクリックします。
4_windowslive

3-1.プロパティ:全般タブ

プロパティ:全般タブの内容を確認します。以下のようになっています。
5_windowslive
プロパティ:全般タブ

  • メール アカウント:
    こちらはWindows Live メール上に表示される設定名になります。
    ”新設定(taro)”など、ご自身でわかりやすいものをご指定ください。
  • ユーザ情報
    • 名前(N):インフォメーション(任意です。差出人欄に記載される文字列です)
    • 会社(O):(任意、空欄可)
    • 電子メールアドレス(M):taro@example.org
    • 返信アドレス(Y):(空欄可)
  • メールの受信時および同期時にこのアカウントを含める(I):チェックON

3-2.プロパティ:サーバタブ

プロパティ:サーバタブの内容を確認します。以下のようになっています。
6_windowslive
プロパティ:サーバタブ

  • サーバ情報
    • 受信メールサーバの種類(M):POP3
    • 受信メール(POP3)(I):mail.example.org ( mail.ドメイン名)※1.
      Lite Basic Proでは ●●.ex-cloud.com ※2.
    • 送信メール(SMTP)(U):mail.example.org ( mail.ドメイン名)※1.
      Lite Basic Proでは ●●.ex-cloud.com ※2.
  • 受信メール サーバー
    • ユーザ名(A):taro@example.org
    • パスワード(D): (メールアカウント作成時に管理画面で設定したもの)
    • パスワードを保存する(W):チェックON
    • クリア テキスト認証をしようしてログオンする(C ) を選択
  • 送信メールサーバ
    • このサーバには認証が必要(V):チェックON

    ※1. メールサーバ名については、他社様より移行される前の段階ではIPアドレスで弊社サーバをご指定いただきます。

    IPアドレスの確認方法(START/FLEX/SECURE)
    IPアドレスの確認方法(ADVANCE/EXPERT)

    ※2.Lite Basic Proをはじめとする 共用サーバのホスト名については 以下でご確認いただけます。他社様から移行中の方も移行前移行後を問わず、設定でご利用いただけます。
    共用サーバーのホスト名を確認する方法

    上記の 送信メールサーバ欄の[設定(E)]をクリックします。
    ログオン情報は「受信メールサーバと同じ設定を使用する」を選択し、「OK」をクリックします。
    settei_smtp

    3-3.プロパティ:詳細設定タブ

    プロパティ:詳細タブの内容を確認します。
    7_windowslive
    プロパティ:詳細設定タブ

    • サーバのポート番号
      • 送信メール(SMTP)(O):587 / Lite Basic Proで SSLを有効にする場合は 465
      • このサーバにはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(O):チェックOFF / Lite Basic Proでは 送信ポート465にした場合は チェックON
      • 受信メール(POP3)(I):110  / Lite Basic Proでは SSLを有効にする場合は995
      • このサーバにはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C):チェックOFF / Lite Basic Proでは 受信ポート995の場合は チェックON

     

    • サーバのタイムアウト :既定のまま、1分でも問題ありませんが、 大きなファイルのやり取りが多い場合は長くしたほうがよい場合もあります。
    • 送信:次のサイズよりメッセージが大きい場合は分割する(B):チェックOFF
    • 配信:サーバにメッセージのコピーを置く(L):チェックOFF
      こちらの設定は任意ですが、チェックOFF この設定にすると、メールデータをダウンロードしたと同時にサーバ内の メールを削除することできるため、サーバ側の容量を消費しない設定となります。

    3-1,3-2,3-3のプロパティウィンドウを正しく調整した後、 「適用(A)」をクリックください。