保護ディレクトリの設定【Plesk11】

STEP 1Plesk>ウェブサイトとドメイン>パスワード保護されたディレクトリ

Pleskにadminでログインし対象のウェブスペースを選択します。その後、『ウェブサイトとドメイン』メニューを開きます。

ウェブサイトとドメイン


arrow

ウェブサイトとドメイン

『高度なオペレーションを表示する』をクリック後、『パスワード保護されたディレクトリ』をクリックします。
高度なオペレーションを表示する

高度なオペレーションを表示する


arrow
パスワード保護されたディレクトリ

パスワード保護されたディレクトリ

STEP 2『保護ディレクトリ』>対象ドメインの[管理]をクリック

ウェブスペース内のドメインリストが表示されます。該当ドメインの「管理」をクリックします。

保護ディレクトリ ドメインリスト

保護ディレクトリ ドメインリスト


arrow

STEP 3plesk-statの初期設定、およびユーザ設定

ウェブスペースやドメイン作成直後には「plesk-stat」設定が自動で入力されていますので、この設定に対する「ディレクトリ設定」およびユーザ、パスワードの設定をします。もしすでに plesk-statに関する設定は完了していて、保護ディレクトリの新規作成をする方はSTEP4に進んでください。

作成済みの保護ディレクトリ一覧が出ますので「plesk-stat」をクリックします。

保護ディレクトリ /plesk-stat

保護ディレクトリ /plesk-stat

arrow
「ディレクトリ設定」をクリックします。

保護ディレクトリ ディレクトリ設定

保護ディレクトリ ディレクトリ設定

arrow

「保護エリアのタイトル」が日本語で入力されていますが、認証画面が文字化けしてしまうためアルファベットの文字列に置き換え、「OK」をクリックします。

保護エリアのタイトルは半角英数字にしておく

保護エリアのタイトルは半角英数字にしておく


arrow

既定で作成された保護ディレクトリユーザ(FTPアカウント名と同じものが作成されています)はパスワードが未設定のためいかなるパスワードを入力してもエラーとなってしまいますので、このユーザに対するパスワードを発行します。
作成済みのユーザ名(本画像例では[exampleftp])をクリックします。

追加した保護ディレクトリの選択

追加した保護ディレクトリの選択


arrow
新しいパスワード、パスワードの確認欄をクリックして「OK」をクリックください。これでウェブ統計のパスワード設定は完了です。
パスワード再設定

パスワード再設定

もし別のユーザを追加したい場合は「新しいユーザを追加」をクリックし、ユーザ、パスワードを設定してください。

保護ディレクトリに対する新しいユーザの追加

保護ディレクトリに対する新しいユーザの追加

STEP 4保護ディレクトリの新規追加、およびユーザ設定

「保護ディレクトリの追加」をクリックします。

保護ディレクトリの追加

保護ディレクトリの追加


設定を記入します。

ディレクトリ名
パスを記載します。 http://example.org/testdata/ 以下に認証をかけたい場合は「/testdata」となります。※vhost.conf等でドキュメントルートを変更している場合などは.htaccessを用いてBasic認証をかけるようお願いいたします。保護ディレクトリとの設定の食い違いが出るため有効にならないことがあります
ディレクトリの位置
通常はドキュメントルートのみにチェックを入れればOKです。
保護エリアのタイトル
日本語は使わず半角英数字を用いて設定ください。認証時のポップアップウィンドウにこのタイトルが記載されます。

保護ディレクトリ追加画面

保護ディレクトリ追加画面


arrow
保護ディレクトリが作成されました。次にユーザを作成するので、作成したばかりの設定名をクリックします。
追加した保護ディレクトリの選択

追加した保護ディレクトリの選択


arrow
「新しいユーザの追加」をクリックします。
保護ディレクトリに対する新しいユーザの追加

保護ディレクトリに対する新しいユーザの追加


arrow
ユーザ名とパスワードを設定します。
保護ディレクトリに対するユーザ作成

保護ディレクトリに対するユーザ作成


ユーザ名とパスワードを設定します。
arrow

STEP 5反映確認

設定を確認するためウェブページにアクセスします。

保護ディレクトリ設定後、認証画面の確認

保護ディレクトリ設定後、認証画面の確認


これで設定は終わりです。

STEP 6保護ディレクトリの削除

以下、削除する場合の手順です。
STEP1→STEP2の画面まで進み、削除対象の保護ディレクトリ名にチェックを入れ、「保護の解除」をクリックします。

保護ディレクトリ 保護を解除する

保護ディレクトリ 保護を解除する


arrow
削除確認画面になります。「スナップショットを削除」にチェックを入れ「OK」をクリックします。
保護ディレクトリ削除の確認

保護ディレクトリ削除の確認


arrow
削除完了画面になります。
保護ディレクトリ削除完了画面

保護ディレクトリ削除完了画面