Outlook 2013 (POP) [Windows]

メールアドレスを作成し終わった方で、Outlook 2013をご利用中の方が、新規アカウントに設定を追加する基本設定の手順です。メールアドレスの作成の手順は 新規メールアドレス作成手順をご覧ください。
本例ではexample.orgというドメイン名で「taro@example.org」というアカウントを作成されたことを前提として案内を進めます。

~IPアドレス、共用サーバ代表ホスト名確認方法~
新規契約ではなく、サーバ移行中の場合は、送信サーバもしくは受信サーバ名の指定の際、ご利用中のドメイン名”mail.ドメイン名”ではアクセスできません。※1、※2いずれかの方法で、IPアドレス、もしくは共用サーバの代表ホスト名にてサーバ名を指定いただく必要があります。
※1. メールサーバ名については、他社様より移行される前の段階ではIPアドレスで弊社サーバをご指定いただきます。
IPアドレスの確認方法(START/FLEX/SECURE)
IPアドレスの確認方法(ADVANCE/EXPERT)
※2.レンタルサーバLite Basic Proをはじめとする 共用サーバのホスト名については 以下でご確認いただけます。他社様から移行中の方も移行前移行後を問わず、設定でご利用いただけます。
共用サーバーのホスト名を確認する方法

STEP 1Outlook 2013を起動

スタートメニューやデスクトップのショートカットからOutlook2013を起動します。
2013icon

STEP 2各設定項目の入力

初めてメールアカウント設定を追加される場合、「Microsoft Outlook 2013へようこそ」が表示されますので次へをクリックします。
2つ目以降を設定される場合はこの画面が表示されません。こちらをご参照ください。

2013-1

「Microsoft Outlookアカウントの設定」が表示されますので、「はい」をクリックして、「次へ」をクリックします。

2013-2

次のステップはこちらとなります。

2つ目以降のアカウント設定の場合

2つ目以降を設定される場合は「Microsoft Outlook 2013へようこそ」の画面が表示されません。その場合、ファイル→「情報」をクリックし、「アカウントの追加」をクリックしてください。

outlook2013account_task
outlook2013account_addanew

アカウント追加

「アカウントの追加」画面では、「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする (手動設定)」をクリックし、「次へ」をクリックします。

2013-3

「POPまたはIMAP」をクリックし、「次へ」をクリックします。

2013-4

各項目を次のように入力します。
※本例ではexample.orgというドメイン名で「taro@example.org」というアカウントを作成されたことを前提として案内を進めます。
名前:社名や個人のお名前等(任意)
電子メールアドレス:taro@example.org
アカウントの種類:POP3
受信メールサーバ(I):mail.example.org(※1. IPアドレス または※2.●●.ex-cloud.com 上述参照
送信メールサーバ(SMTP)(O):mail.example.org(※1. IPアドレス または※2.●●.ex-cloud.com 上述参照

アカウント名:taro@example.org
パスワード:メールアカウント作成時にお客様が設定されたもの

入力が終わりましたら「詳細設定」をクリックします。
2013-5

「インターネット電子メール設定」が表示されますので「送信サーバー」タブをクリックし、
・送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)にチェック
・受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)にチェック
を入れます。

2013-6

「詳細設定」タブをクリックし、送信サーバー(SMTP)(0):のポート番号を25から587に変更後、OKをクリックします。

2013-7

「アカウントの追加」画面が再度表示され、「アカウント設定のテスト」が完了しましたら、
「アカウント設定をテストする」のチェックがされていることを確認し、「次へ」をクリックします。

2013-8

テストが完了したら「閉じる」をクリックし、設定完了となります。
(エラーやログイン画面が表示されてしまった場合は入力された情報に誤りがありますので、再度設定をご確認ください)

2013-9

STEP 3設定確認

「ファイル」>「情報」>「アカウントの設定」⇒アカウント設定(A)⇒
「電子メール」タブ内で既存の設定を選択し、「変更(A)」をクリック という手順で設定確認ができます。

ファイルタブをクリック

ファイルタブをクリック

アカウント設定>アカウント設定(A)

アカウント設定>アカウント設定(A)

電子メールタブ、該当設定選択後、変更(A)

電子メールタブ、該当設定選択後、変更(A)

POPとIMAPのアカウント設定画面では以下を確認します。

【ユーザ情報】
名前(Y):社名や個人のお名前等(任意)
電子メールアドレス(E):taro@example.org
【サーバ情報】
アカウントの種類:POP3
受信メールサーバ(I):mail.example.org(※1. IPアドレス または※2.●●.ex-cloud.com 上述参照
送信メールサーバ(SMTP)(O):mail.example.org(※1. IPアドレス または※2.●●.ex-cloud.com 上述参照
アカウント名:taro@example.org
パスワード:メールアカウント作成時にお客様が設定されたもの
⇒「詳細設定」をクリックします

「インターネット電子メール設定」画面が起動します

「送信サーバー」タブをクリックします。

・送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)にチェック
・受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)にチェック

「詳細設定」タブをクリックします。

サーバのポート番号
受信サーバ(POP3)(I): 110
このサーバは暗号化された接続(SSL)が必要(E):チェックなし
送信サーバー(SMTP)(0):587
使用する暗号化接続の種類(C):なし

これで設定の確認は終わりです。