RS1、RS2利用開始の手引き

この度はEX-CLOUD RS1、RS2をお申し込みいただきまして誠にありがとうございます。
「利用開始の手引き」では、プランのお申し込みをされ、サービスが開始後にお客様が最初に行うことについてご説明しています。

なお、他社からの移行をされるお客様はこちらもあわせてご覧下さい。
※ドメイン領域を追加設定される場合、こちらもあわせてご覧下さい。

STEP 1メールアドレスの作成

メールアドレスを作成します。
作成するメールアドレスは、ご契約時に選択されたドメイン名(例:example.org)のアットマークの前の部分を自由に指定できます。
例:suzuki@example.org

メールアドレスの作成は、コントロールパネル(https://hspc.flxsrv.jp/cp/)の「メール」タブより行います。

コントロールパネルへのログイン方法はこちらをご覧下さい。
>>コントロールパネルのログイン方法

またメールアドレスの作成方法についてはこちらをご覧ください。
>>メールアドレス作成方法[レンタルサーバー/RS1,RS2]

STEP 2ホームページの作成とファイル転送

ホームページの作成には、

があります。

STEP 3ネームサーバとDNS情報の設定

たとえば、www.example.orgのホームページの内容はどこのサーバにあるのか?とか、example.orgのメールはどこのサーバに配送するのか?などの情報はドメインを管理しているネームサーバに格納されます。
このネームサーバのDNS情報を適切に設定する事により、当社レンタルサーバーにアップロードされたホームページ情報やメールボックスに世界中からアクセスができるようになります。
ネームサーバとDNS情報(ゾーン情報)の詳しい設定方法はこちらをご覧下さい。
>>ネームサーバとDNS情報の管理方法

STEP 4チケットシステムの利用

初期起動、サービス運用について、ご不明な点はコントロールパネル上のお問い合わせツール”チケットシステム”等をご活用いただき、サポートセンターに直接お問い合わせいただくことができます。

>>トラブルチケットのご利用方法