WordPress【レンタルサーバー/RS1、RS2】

STEP 1コントロールパネル「アプリケーション」メニューをクリック

コントロールパネルにログイン、上部の契約で対象のレンタルサーバーのプラン(Lite/Basic/Pro/RS1/RS2)を選択します。
1-1
上部の「アプリケーション」を開きます。
1-2

STEP 2インストールボタン横の「V」より「インストール(カスタム)」を選択

以下のような画面が表示されます。左のエリアは「注目のアプリケーション」「使用可能な全アプリケーション」「マイ・アプリケーションを管理」と別れており、既定では「注目のアプリケーション」が選択されています。
右側には選択可能なアプリケーションリストが表示されます。

アプリケーション>注目のアプリケーション

アプリケーション>注目のアプリケーション


WordPressのインストールボタンの右の「V」をクリックすると「インストール(カスタム)」という選択項目が表示されるので選択します。
通常の「インストール」ボタンを押すと、http://【ドメイン名】/wordpress/というURLとしてWordPressをインストールしますが、トップページからWordPressを使いたいという場合や別のディレクトリにインストールしたい場合も多いため、この例では”カスタム”にてご案内します。
WordPress>「インストール(カスタム)」

WordPress>「インストール(カスタム)」

STEP 3ライセンス同意画面、ディレクトリ、言語の指定、インストールをクリック

ライセンス条項に同意します のチェックボックスにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

ライセンス条項に同意

ライセンス条項に同意

3-2

インストール先の指定

インストール先のドメイン名を選択し、ディレクトリを指定します。
既定では「http://example.org/wordpress」が指定されていますが、ご利用予定のHPのアドレスと同一にしますとそのままお使い頂けますので、右側の欄の「wordpress」の文字を消して空欄にし、左側の「http://example.org」のみとしてください。
別ディレクトリへインストールしたい場合、右側の欄にて指定してください。

アップデート設定

自動アップデートを有効にすると、場合によっては不具合の発生の可能性もあるため既定では何も選択されていない状態です。特に設定を変更しないで結構です。

管理アクセス

”アプリケーションへの管理アクセス”つまりWordPressに対し、管理者ログインするときの情報を設定する欄ですが、本例では設定を変更しない方法でご案内をします。
すべての設定を表示
最初の段階で日本語化しておきたい場合はここをクリックします。するとその他の設定項目が下に表示されます。

ページ下部の「すべての設定を表示」をクリックしますと以下のような画面が追加で表示されます。
3-3
Interface language :「English」を「Japanese」に変更します。
その他は特に編集をする必要はありません。 「インストール」をクリックします。

STEP 4管理画面へのログインを特定のネットワークからのみ許可する設定

.htaccessの記載方法等はサポート対象外となりますが、以下に参考情報としまして 特定のIPアドレスからの接続のみログインページへのアクセスが可能にする設定をご案内いたします。
1.ご自身のアクセス元IPアドレスを確認
アクセス元となるコンピュータでIPアドレスチェックサイトなどに接続し、ご自身のIPアドレスを確認します。
参考サイト:アクセス情報 CMAN CORPORATION
※プロバイダ契約によってはこのIPアドレスは変動することがありますが、その場合は「広めのネットワークレンジ」で設定することも可能ですが、本例ではIPアドレス1つに関しての設定をご案内します※
2.コントロールパネルにログイン
3.上部の契約を選択し、ホームタブを開く
4.対象のドメインの「ウェブサイトの場所」をクリック、WordPressをインストールしたフォルダを開く
5.「新規」>「ファイル」を選択
6.ファイル名に「.htaccess」を入力、HTMLテンプレートを使用のチェックはずし「OK」をクリック
→ディレクトリ直下のファイルリストの画面に戻ります。「.htaccess」という空ファイルが作成されます
7.ファイル名「.htaccess」をクリック
8.「テキストエディタで編集」をクリック
9.後述の内容を編集欄に記載し
次のエンコーディングで保存する(UTF-8:デフォルト)
改行タイプ(Unixスタイルへの変換:デフォルト)はそのままで「OK」をクリック
※以下は「◇◇.◎◎.▽▽.△△」というIPアドレスからのみ許可する設定です※

<FilesMatch wp-login.php>
Order Deny,Allow 
Deny from all
Allow from ◇◇.◎◎.▽▽.△△
</FilesMatch>

10.自分自身のネットワークからだけログインが可能になっているか確認

※追加情報:
WordPressのサイト内でメールフォーム等をCGI利用していない場合などは、POSTメソッドを制限する設定をディレクトリ加えることもできます。
以下は上記のwp-login.phpよりも広範囲でデータ送信用のPOSTメソッドの利用を特定のIPアドレスからのアクセスのみに絞り込むための記述です。

<LIMIT POST>
Order Deny,Allow 
Deny from all
Allow from ◇◇.◎◎.▽▽.△△
</LIMIT>