接続先IPアドレスの確認について

Windowsのお手持ちのコンピュータでドメイン名を指定したとき、どのIPアドレスへ向けられているのか確認する方法です。

ご契約サーバで使用されているIPアドレスはIPアドレスの確認方法ガイド(START/FLEX/SECURE | RSシリーズVPS/クラウド/ADVANCE/EXPERT)
をご確認ください。※RSシリーズに関しては、サービス開通時にお送りしているメールにもサーバの代表IPアドレスを記載させていただいております。

STEP 1nslookup (通常の名前解決の確認)

お手持ちのコンピュータから、メールサーバやFTPサーバなどのインターネット上の住所(IPアドレス)を調べるには、一般的には「nslookup」というコマンドを使います。

[Windowsでの確認方法]
1.「スタート」ボタン>「ファイル名を指定して実行」を選択
2.「名前(O)」:「cmd」を入力、「OK」ボタンをクリック
3.Windows コマンドプロンプトが起動するので、下記を実行

nslooup 接続先のサーバ名(mail.example.org など) 

以下のようにAddressの行などで、実際のIPアドレスを確認することが できます。

Server: localhost
Address: 127.0.0.1

Non-authoritative answer:
Name: mail.example.org
Address: xxx.xxx.xxx.xxx

STEP 2ping (移行時のhostsファイル変更の際)

サーバの移行段階など、お手持ちのコンピュータのみhosts設定を変えている場合などはnslookupなどではなく、「ping」という機能を使って確認できます。
(※pingは本来ネットワークの通信の疎通を確認する機能です。)

[Windowsでの確認方法]
1.「スタート」ボタン>「ファイル名を指定して実行」を選択
2.「名前(O)」:「cmd」を入力、「OK」ボタンをクリック
3.Windows コマンドプロンプトが起動するので、下記を実行

ping 接続先のサーバ名(mail.example.org など) 

ここでどのようなIPアドレスが表示されるかにより、接続先の確認を行う事が 出来ます。たとえば

Pinging mail.example.org [xxx.xxx.xxx.xxx] with 32 bytes of data: 
Reply from xxx.xxx.xxx.xxx: bytes=32 time=1ms TTL=56 
(略) 

という文字列が表示された場合、 「Reply from」の欄に表示されたxxx.xxx.xxx.xxx のIPアドレスを調べる事により、 どこのサーバに接続しているのかを確認する事ができます。