鍵長(かぎちょう) – 用語集(か)

鍵長(かぎちょう、Key Length)とは暗号化のために必要なデータの長さ、ビット数のことです。鍵長が長くなれば、暗号が解読されにくくなるため、安全性を高くなります。(一方複合化のためのメモリも多く使うようになります)SSLサーバ証明書発行には、CSRの作成と同時に、秘密鍵の作成を行いますが、その際は2048ビットの鍵長で作成をしています。

関連ワード

CSR

関連FAQ

SSL証明書の署名アルゴリズムがSHA-2(SHA256)に変更となる場合のCSRの作成方法は変わりますか?