専用SSLページを開こうとすると「セキュリティで保護されていない項目が含まれている」とメッセージが出ます

SSLページにアクセスした際、

このページにはセキュリティ保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。
保護されていない項目を表示しますか?

sslerrorcontents

上記のメッセージを出さないためには、画像、FLASH、FLASHで呼び出す外部ファイル、Javascript、css、などのコンテンツファイルも、SSL用指定ディレクトリ以下においていただくなど、セキュアポート通信で完結するようなコンテンツ作成をするようにする必要があります。

SSLサイト表示用のドキュメントディレクトリ(※)にHTMLファイルだけをおいても、HTMLファイル内でhttps://ではないポートを利用した外部ファイル(「http://example.org/~」など)の画像やJavascript、CSSなどを呼び出す記述をしていると、ブラウザからSSLページを開いた際、上記のようなメッセージが出る場合があります。

(※)サーバのSSLコンテンツディレクトリについてFLEX、SECURE、ADVANCE、EXPERT、Plesk8 搭載プランでは、SSLコンテンツ用指定でのディレクトリは「/ httpsdocs」におく、あるいは設定により「/ httpdocs 」以下に集約することも可能です。