レンタルサーバーを契約していますが、ドメインをどこで取得したか忘れてしまいました

当サービスをご利用中でドメイン名をどこの窓口で取得されたかわからなくなってしまった場合、コントロールパネルにログインしていただき契約情報を確認ください。

  • コントロールパネルにログイン
  • 「アカウント」タブ、請求管理欄、「契約」をクリック
  • 有効な契約の「ホスト名」と、「契約タイプ」を確認

たとえばexample.orgのドメインを当サービスのオンラインストアで購入された場合「ホスト名:example.org 、契約タイプ:ドメイン登録」という情報が表示されます。 

【当サービスでドメインを購入された方の表示例】
subsriptionlist_domstart
※水色で示した欄が「EX-CLOUDドメイン」のサービスでのドメイン契約です。

ドメイン名をlivedoorドメイン(http://domain.livedoor.com)で取得されたかどうか、調べたい場合は、お手持ちのlivedoorIDを使ってドメイン名管理(アカウントマネージャー)にログインするとお客様の所有しているドメイン一覧の画面に切り替わりますのでそちらでご確認ください。

ドメイン新規登録、ドメイン名の更新、ドメイン名の廃止、WHOIS情報の管理、管理会社の移管の際に手続きをする機関のことをレジストラ(JPドメインの場合は指定事業者)とよび、国内だけでも数社ございます。
EX-CLOUDか、livedoorドメインで購入された場合、レジストラ(指定事業者)=テコラス株式会社 になります。

上記の方法で確認ができなかった場合で、お手持ちのドメイン名が「.com/.net/.org/.info」だった場合は、Whois情報検索画面等で、レジストラの会社名を確認することができます。
livedoorドメインのWHOIS検索画面

●.com/.netの場合のWhoisレジストラ表示:”
“Registrar: NHN JAPAN”

●.org/.infoの場合のWhoisレジストラ表示:”
“Sponsoring Registrar:NHN JAPAN”

レジストラがテコラス株式会社だった場合のWHOIS情報の表示例は上記のようになります。
ただし、国内のレンタルサーバー業者様やドメイン販売業者様でも、海外のレジストラの代理店として運営されている会社様もございますので、ドメイン名を購入された窓口とは違う会社の名前が出てくる場合もございます。

また、JPドメインに関しましては指定事業者名はWHOIS情報上では表示されない仕様となっておりますので、これまでの契約情報をご参照いただく、各社に問い合わせていただく等が必要です。