ウェブサーバーの設定ファイルを変更したら、再起動できなくなりました。

ADVANCE、EXPERTプランでは、root権限での作業が可能ですのでウェブサーバの設定変更をいただくことが可能ですが、設定ファイルの手動変更については、サポート対象外とさせていただいております。

よくある再起動できない例としてhttpd.confファイルに下記の行を追加する例があります。

Port 80

弊社のウェブサーバのエンジンはApache2系のものを利用しているため、Apache1.3系では有効だったBindAddress、Portなどのディレクティブが無効になっています。
また、設定ファイルを編集するつもりがなくてもコントロールパネル>システムタブ>「Webサーバ」の項目を操作した場合も同様の行が記載されてしまうため、この項目は操作しないようにしてください。

詳細は下記Apache1.3から2.0への移行関連の記述等でご確認ください。
1.3から2.0へのアップグレード Apache HTTPDサーバ

また、手動で設定変更を行った際は、再起動の前に、apacheの文法チェックコマンドなどで確認をするようにしてください。

ウェブサーバ復旧のための作業例:
1. コントロールパネル>システムタブ、ファイルマネージャを開く
2. 「etc」→「httpd」→「conf」を順次クリック
3. 「httpd.conf」の左のチェックボックスにチェックを入れ、「編集」をクリック
4. 不要行、「ServerName ●●」「Port 80」の前に「#」を入れ「OK」を押す
5. コントロールパネル>サービスを開く
6.「httpd」をクリック
(停止中の場合は開始ボタンが表示されます)
7.「開始」ボタンを押す