Plesk11のウェブスペースとは何ですか?

Plesk11ではマルチドメインホスティング(複数ドメインのメールやウェブを管理するひとまとまり)の単位を「ウェブスペース」と呼んでいます。

ウェブスペースを作成すると同時に1ドメインホスティング、1FTPアカウントが設定され、1ウェブスペース内に、ドメインおよびサブドメインのホスティングを追加することができます。
Plesk11搭載プランでは既定でウェブスペース、およびその配下のドメイン数の合計が10まで作成可能です。(Plesk100ドメインライセンスをご購入の方は合計100)

※ウェブスペースはPlesk管理画面の一部では”ホスティングされた複数ドメインのひとまとまり”=「契約」という用語でも表現されることもありますが、ウェブスペース作成をした操作で当社が追加でご請求を行うことはありません。

同一のウェブスペース内にあるドメインのドキュメントルート(ウェブサイトのトップページを設置する場所)は

/var/www/vhosts/[ウェブスペースドメイン名]/httpdocs

ですが、追加したドメイン用のドキュメントルートは

/var/www/vhosts/[ウェブスペースドメイン名]/site1 
/var/www/vhosts/[ウェブスペースドメイン名]/site2
:

というような形でhttpdocs以外のディレクトリを割り当てます。

ウェブスペース作成時のFTPアカウントについてでは、ウェブスペース内のすべてのドメインのドキュメントルート以下の操作が可能です。(ウェブスペースドメイン作成時に設定するFTPアカウントを管理FTPアカウントと呼びます。)
ウェブスペース内のドメインのドキュメントルートにそれぞれFTPユーザアカウントを追加発行することも可能です。

※ウェブスペース毎にウェブホスティング用のIPアドレスを設定したい、
ウェブスペース毎にWebメールソフトを選択したい
ウェブスペース毎にSSHアカウントを発行したい
ウェブスペース毎にPlesk管理画面の操作権限を分けたい
という必要があれば、「複数のウェブスペース」にて運営することをお勧めします。

複数ドメインによるサイトの登録方法【Plesk11】