Plesk12以降のアップグレードポリシーについてはどのようになっていますか

2016年4月リリースのVPS Plesk搭載プランではPlesk 12.5.30 を搭載しています。
2017年4月リリースのVPS Plesk搭載プランではPlesk 17.0 もしくは 17.5.3 を搭載しています。
(出荷時のバージョンがサポート対象となります。)

当サービスのPleskアップデートは出荷状態で以下の設定とさせて頂いております。

  • アップデート(軽微なプログラム更新)
    自動アップデートがおこなわれます。設定画面では下記の通り設定されています。
    「現在インストールされているバージョンのアップデートを自動的にインストールする(推奨) 」
  • アップグレード(管理画面やサービスにもダウンタイムが発生するような更新)
    管理者メールアドレス宛にお知らせが届きます。設定画面では下記の通り設定されています。
    「ジェネラルリリースが出た時には通知を受け取る」

アップデートおよびアップグレードの設定は、adminでPleskにログイン後、「サーバ」(もしくは『ツールと設定』)メニュー内の『Panel』欄『アップデートおよびアップグレードの設定』より変更可能です。
既定の状態ですと、簡易なものは自動で任意のタイミングでアップデートが行われます。

当社としては非推奨となりますが、ミドルウェアの設定ファイル「MySQLの/etc/my.cnf」等を編集される場合には、Pleskのアップデートによる意図しない書き換えをを防ぐために、自動アップデートではなく、手動に切り替えて頂く必要がございます。
但し、自動アップデート機能を停止した場合、Pleskアップデートのタイミングはお客様に委ねられますため、重大なセキュリティアップデート等が発生した際もご自身でアップデート頂くまで対策できないリスクが伴いますことを予めご承知おきください。

1.Pleskにログインして、サーバタブの「アップデートおよびアップグレードの設定」をクリックする。
2.アップデートについて通知を受け取るが、自動インストールは行わない にチェックを入れてOKをクリックする。

⇒通知を受け取ったら必要に応じて手動でアップデートを実行する

手動アップデートについては内部コンポーネントをアップデートください。
※今後、Pleskのバージョンアップがリリースされたも、当社のナレッジが少なく、オンラインガイドはサービス提供時のもので公開している状態です。
当社での検証に時間がかかったりメーカに問い合わせをしないとご回答できない場合がございます。
また、今後Pleskのメジャーなアップグレードなリリースがあったとしても当社としては画面上でのアップグレードは推奨いたしません。

関連FAQ:
Pleskの手動アップデートのGUI画面が開きません。
Pleskのマイクロアップデートをコマンドラインで行うことはできますか。
PleskのマイクロアップデートをGUI上で行う方法を知りたいのですが…