メール送信数制限の設定変更をした場合、サーバー内のどのファイルに反映されますか【Plesk12以降】

本内容は、Plesk管理画面ではなく、サーバ内の設定の詳細に関するため、サポート対象外ですが参考情報をお伝えします。(2016年4月確認)

ツールと設定>メール欄:「メールサーバ設定」の「メール送信数制限」欄、
および、メール送信数制限を有効化した場合の、各ドメイン、各メールボックス側での個別の設定値調整については「/var/lib//plesk/mail/outgoing/data.db」のデータファイルに反映されます。

また「メール送信数制限」の設定を有効にした場合には、定期的なメール通知や、レポート作成が行われるため、「/etc/cron.d/plesk-outgoing-mail-statistics-poller」というCronタブの実行用ファイルが作成されます。
Cronの起動する「分」の指定については固定の数値ではありませんが、「メール通知の送信頻度」で設定した内容に準じた設定がされます。