MTAをPostfixからQmailに変更したいのですが【Plesk12以降】

Plesk12以降を搭載したVPSプランではPostfixを標準搭載していますが、Qmailに変更いただくことも可能です。

Postfixの場合はQmailでは可能な「短縮形とフルアカウント名の使用を許可する」(taro@example.orgではなくtaroでメール認証をする)という設定ができません。
Qmailの場合は、Plesk12以降での新機能「送信メール制限」の機能を利用することができません。
Qmailのほうが運用上好ましい場合は、Qmailに切り替えてください。

また、運用中のサーバでMTAの切替をする場合の注意点ですが、メーカのナレッジサイト(Parallels Plesk Panel で使用される MTA の定義方法と、Qmail を Postfix に(Postfix を Qmail に)切り替える方法)には
「MTA の切り替えによりメールキューは再構成され、キューに残っていたすべてのメッセージは失われます。切り替えを行う前に、SMTP サービスを停止して
メールの受信を停止し、キュー内のすべてのメールを配信することをお勧めします」と記載されておりますので、SMTPサービスを停止して、キューは無い状態で設定を行った方がよいと思われます。

1.Pleskへログイン
2.左メニューの「ツールと設定」をクリック
3.「アップデートとアップグレード」をクリック
4.「コンポーネントを追加/削除」をクリック
5.「Mail hosting」→「SMTP servers」内のラジオボタンを「Postfix」
から「Qmail」に変更
6.「Mail hosting」→「IMAP/POP3 servers」内のラジオボタンを
「Dovecot」から「Courier」に変更
7.5.6を実行する際に「SpamAssassin」をアンインストールするよう
指示がでますので、事前に「SpamAssassin」も削除も選択してください
8.「続行する」ボタンをクック
9.「OK」ボタンクリック
10.Pleskに戻り左メニューの「ツールと設定」をクリック
11.「メールサーバ設定」クリック
12.以下項目が設定可能となります。
POP3/IMAP メールアカウント名で短縮形(webmaster)とフルアカウント名(webmaster@domain.com)の使用を許可する
13.SpamAssassin (スパムフィルタのサービス)を利用される場合は、
アップデートとアップグレードからアンインストールした、SpamAssassin を再度インストールしてください