ウェブを介して一定以上のサイズのファイルがアップロードできません【WPH】

WordPressホスティングのウェブサーバ設定において、アップロードの上限については16Mで設定されています。
以下のファイルを編集し、プロセスの再起動 あるいは サーバの再起動を行ってください。
※後述の設定変更を行ってもクラウド型WAFを経由してのアップロードの上限は最大100MBとなります。

1.2で3ファイルを編集しますが、コマンドラインでのテキストエディタをご利用いただくか、コントロールパネルのファイルマネージャで行うことができます。

(16Mから64Mに変更する場合の例)

1./etc/hhvm/php.iniの編集

編集箇所

★編集箇所 upload_max_filesize = 64M
★追記 post_max_size = 96M
★変更不要 memory_limit = 128M

upload_max_filesize < post_max_size < memory_limit
となるように設定してください

※POST アップロード許容の最大サイズ
※POST データの最大サイズ
※スクリプトが利用可能なメモリの最大容量

2./etc/nginx/conf.d/excloud_http.conf および /etc/nginx/conf.d/excloud_ssl.confの編集

編集箇所 

client_max_body_size 64M; 

参考 ファイルマネージャでのファイル編集手順

  • コントロールパネル(https://hspc.flxsrv.jp/cp)にログイン、上部プルダウンで対象のWordPressホスティング契約を選択
  • 「システム」タブを開く
  • 「ファイルマネージャ」をクリック
  • 「/etc/hhvm/php.ini」を編集する場合、「etc」「hhvm」のディレクトリ名を順にクリックし、作業ディレクトリに移動
  • 「php.ini」の左のチェックボックスにチェックをいれ、「編集」をクリック
  • 編集画面で変更後、「OK」をクリック

3.サービスのリスタート

以下のコマンドで kusanagi が提供している有効なサービスをリスタートします

# kusanagi restart

コマンド操作が難しい方は、コントロールパネルより、サーバ丸ごとの再起動作業をお願いします。
サーバー領域の再起動ガイド