すでに外部で運用中のWordPressの記事データをインポートしたいのですが【WPH】

WordPressホスティングをご利用のお客様が、別サーバで運用中のWordPresの記事データをエクスポートし、WordPressインポートツールを使って記事をインポートする作業例を紹介いたします。

WordPressに搭載されている移行ツールを利用する

ここで紹介する方法はアイキャッチ(サムネイル)の移行が行われませんのでご注意ください。
アイキャッチを含んだものやユーザーログイン情報、プラグインの設定情報など全般的な移行も行いたい場合は、PhpMyAdminやAdminerを用いてのデータベース移行、移行に特化したプラグインや外部サービス、移行元サーバーから画像などのメディアを含んだディレクトリをFTPでダウンロード後、移行先のサーバーにアップロードなどの手法が挙げられます。

1. 移行元管理画面:データのエクスポート

移行元のWordPress管理画面にて左ナビゲーション「ツール」>「エクスポート」を開き、
「すべてのコンテンツ」を選択して「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックします。
パソコンのローカルフォルダにxmlファイルが保存されます。

2. 移行先管理画面:データのインポート(WordPressインポートのインストール)

2-1.移行先のWordPress管理画面にて左ナビゲーション「ツール」>「インポート」を開き、WordPress欄を確認します。

2-2.WordPressインポートツールが導入されていないときは「今すぐインストール」と表示されるのでクリックします。

今すぐインストール

今すぐインストール

2-3.次の画面では接続情報を問われます。
アクセス先ホスト名は「localhost」、FTPアカウント名は「kusanagi」を指定します。
「パスワード」はサーバー開通時の「サービス開始のお知らせ」のメールをご参照ください。

接続情報画面(WordPressホスティング)

接続情報画面(WordPressホスティング)

2-4.WordPressインポートツールが導入されていると「インポーターの実行」と表示されますのでクリックします。

インポーターの実行

インポーターの実行

2-5.「ファイルを選択」ボタンで1.でエクスポートしたxmlファイルを選択し、「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします

WordPressインポート

WordPressインポート


2-6. 次に「投稿者の割り当て」を行う画面になります。
個人で管理しているサイトにおいては、多くのユーザを発行するのは好ましくないため、
「投稿を既存のユーザーに割り当てる」欄より、移行先の管理画面で作成している既存のアカウントを選択します。
(移行元のWordPressサイトで多くのユーザを発行していた場合はこの限りではありません。)

「添付ファイルのインポート: 添付ファイルをダウンロードしてインポートする」については チェックを入れ 「実行」をクリックします。

2-7.インポートが完了すると、ログと「ではお楽しみください」というリンクが表示されます。リンクをクリックするとダッシュボードのトップページになります。データ等ご確認いただき調整ください。