サブドメインの別サイトも強制的にSSL化されてしまいます【WPH】

WordPressホスティングでは、1つ目のウェブサイトについて日本レジストリサービスのSSLを無料で提供し、設定するサービスを行っています。
2017年7月現在では、設定しているドメインのサブドメインに対しても適応される設定になっているため、
1サイト目をWordPressホスティングで「example.org」で運用していた場合、「subdomain.example.org」へのアクセスがきても、ブラウザ側はHSTSキャッシュが理由で、
http://subdomain.example.org
という初見のはずのサイトであっても、メインドメインが一致するため
https://subdomain.example.org
としてページを表示させてしまいます。

以下は当社仕様の場合の作業例ですが
WordPressホスティング側、ブラウザ側それぞれでの調整が必要です。

1)一つ目のサイトのHSTS設定を調整する
作業例:サーバにSSHログインし以下を

# kusanagi ssl --hsts weak excloud

(excloudはデフォルトのプロファイル名が該当しいます)

2)ブラウザ側でHTSTキャッシュを削除する
ブラウザのHSTS 設定をクリアする方法を教えてください