外部に送りたいメールがローカル配送されてしまいます【WPH】

WordPressホスティングプランでは、初期状態で「契約名(サーバ名)」のドメイン名について、sendmailの設定上で「ローカルホスト」として認知されるように設定されます。
またDNSホスティングで該当のサーバに紐付けして追加されているドメイン(過去に紐付けされたことのあるドメイン)についてもローカルホストとして扱われます。

具体的には
・契約名(サーバ名)
・DNSホスティングで追加されているホスト名(過去に追加されたことのあるホスト名も)は
自動で、 ”/etc/mail/local-host-names ” や “/etc/aliases ” というファイルに反映されます

※仮想化ソフトの仕様で、自動で生成されるファイルであるため、
「/etc/mail/local-host-names 」ファイルは編集を禁止する項目がファイル内に記載されています。

該当ドメインへのメールのローカル配送をとめて、
外部での運用中のメールサーバへメールを届けたい場合は

A.デフォルトでインストールされているパスでのsendmailでの運用をなくし メール配送を別途構築すること
 ※WordPressホスティングについてはこちらのFAQで一例を紹介しています
sendmail以外のメール送信サーバーを利用する方法はありますか【WPH】

B.sendmail運用のままでいくつかの設定を施す
(後述します)

どちらかになります。

当社で操作する仮想化ソフトの管理ツール上で
「/etc/mail/local-host-names の自動更新をとめる」という設定をしておかないと、編集を行っても
過去の設定(sendmailに影響する部分)が戻ってしまう事象が確認されています。
そのため、sendmailを継続して運用したいという場合は、複数の手順、および当社作業が必要になることをあらかじめ承知おきください。

sendmail運用での設定変更例

大まかな手順は以下となりますので概要をご案内します。

1. ホスト名の変更

契約ホスト名を、「○○○.ex-cloud.biz」「○○○.ex-cloud.org」等の当社サブドメイン名
に変更しておきます。
契約しているサーバー名を変更したいのですが
本例では「○○○.ex-cloud.biz」というサーバー名に契約ホスト名を変更することにします。

2.「/etc/mail/local-host-names」を編集

サーバー外部へ送りたいドメイン名を削除します。
また、1で設定したサブドメインの契約ホスト名「○○○.ex-cloud.biz」は残るようにしておきます。

編集前(ローカル配送させたくないお客様ドメインを”example.org”と仮定します)

## ----- Begin HSPC generated text. Do not edit! -----
example.org
○○○.ex-cloud.biz
## ----- End HSPC generated text. -----


編集後

## ----- Begin HSPC generated text. Do not edit! -----
○○○.ex-cloud.biz
## ----- End HSPC generated text. -----

「/etc/mail/local-host-names の自動更新をとめる」という設定の状況は
これまで当社の行ってきた作業やお問合せの経緯によって異なる場合もあります。

そのため、1.の作業を行ったのに「/etc/mail/local-host-names」のファイルが更新されていない
こともございます。
外部に配送させたいドメイン名(この場合はexample.org)が「/etc/mail/local-host-names」に記載されていないことが
とても重要です。

3. sendmailのリスタート

# systemctl restart sendmail

4. 当社への連絡

「ローカルメール配送がされてしまうがsendmail のままで運用したい」という旨を
当社にご連絡ください。
(当社で「/etc/mail/local-host-names の自動更新をとめる」設定を行います)

5. 送信テスト

ご契約サーバーからの「***@example.org」へメール送信の確認