ドメイン契約をしていますが、EX-CLOUD内のネームサーバー設定を有効にしたい

ドメイン登録、ドメイン転出、ホスティングのご注文時、「DNSホスティングサービスを利用する」にチェックをいれないと、EX-CLOUDのシステム内にDNSゾーンファイルが作成されません。DNSゾーンタブが表示されていない場合は、DNSホスティングが無効になっている場合です。
また、DNSゾーンタブがあっても、ゾーンが「非アクティベート」の状態になっている場合も、DNSゾーンは無効の状態です。以下をご確認ください。

■DNSホスティングの有効化

実際WHOIS情報上で参照させたいネームサーバーが外部にあるときは、このDNSゾーンファイルが不要となりますが、当サービスのネームサーバを利用したいというときは、
不以下の手順で有効にしてください。

  • コントロールパネルへログイン
  • 右上プルダウンより、「すべてのマイドメイン」を選択
  • 「すべてのマイドメインタブ」をクリック
  • 該当ドメイン名(青字)をクリック
  • 「編集」ボタンをクリック
  • 「DNS ホスティング」のチェックをいれて「保存」をクリック

上記の操作を行うとDNSホスティングのタブがなくなります。

■ゾーンのアクティベート化

例えば、
1)EX-CLOUD側のDNSゾーンは参照されないように(ゾーンの非アクティベート化)しつつ、事前にDNSゾーンを編集して準備
2)WHOIS上のネームサーバーの切り替え直前に、DNSゾーンを有効にする(ゾーンのアクティベート化)
3)その後、WHOIS上のネームサーバー切り替え
という場合は、あえて「非アクティベート」してある場合があります。

実際にネームサーバーを
ns01.atsrv.jp ns02.atsrv.jp ns03.ex-cloud.jp ns04.ex-cloud.jp
に切り替える前(切り替え作業の1時間くらい前には有効にしておくことをお勧めします)には、必ずDNSゾーンをアクテベート化してから切り替えます。
「非アクティベート化中のゾーンをアクティベート化する」方法は以下の手順になります。

  • コントロールパネルへログイン
  • 右上プルダウンより、「すべてのマイドメイン」を選択
  • 「すべてのマイドメインタブ」をクリック
  • 該当ドメイン名(青字)をクリック
  • 「DNSゾーン」タブがあるか確認します。
    「DNSゾーン」タブがなければ「編集」をクリック後、
    「DNS ホスティング」のチェックを入れて「保存」をクリックしますと「DNSゾーン」タブが操作可能になります。
    「DNSゾーン」タブを開きます
  • 「ゾーンはアクティブ」と表示されていれば、すでにアクティブですので作業は不要です。
    「ゾーンは非アクティブ」と表示されていれば「ゾーンをアクティブ化」をクリックします

また、ホスティング契約があるお客様で、ホスティング設定との紐付けを
行いたい場合は以下のガイドをご参照ください。「紐付け」はホスティングのサーバーのIPアドレス情報をDNSゾーンタブ内に反映するための操作です。(なお、ホスティングプランごとにDNSホスティング数の上限がありますので上限に達した場合は紐付けをすることはできません)

新規に取得(もしくは移管)したドメインを契約サーバーに紐づける
ドメイン契約をしていますが、EX-CLOUD内のネームサーバー設定を無効にしたい