WordPressホスティングの特長

HTTP/2とは

HTTP通信の高速化とセキュリティ強化を目的として開発されたプロトコルです。HTTP/2ではHPACKというヘッダサイズ圧縮の仕組み導入やストリームによるリクエスト・レスポンスの制御などが実現されます。これによりデータ通信量の軽減効果が大きく、ウェブページの表示が速くなるといったメリットがあります。さらに大規模なウェブサービスを提供している企業にとっては、トラフィックのリソースの有効活用を図ることができます。

HTTP/2の主な機能

ストリームによる多重化

HTTP/1.1ではリクエストとレスポンスの組を1つずつしか送受信できず、リクエストが増えた場合は待ち時間が発生するため表示速度が遅くなってしまいます。HTTP/2では1つの接続上で複数のリクエストを送信することができリクエストの待ち時間を減らすことができるため、表示速度の向上が見込めます。

ストリームの優先度

HTTP/2ではストリームに優先度を設定することができるようになりました。
優先度を設定することにより、特定のリクエストを優先し、早めにリソースを受け取ることが可能になります。

ヘッダーの圧縮

HTTP/1.1では、多くのヘッダー情報が全てのリクエストで同じ値で送信されていました。
HTTP/2は、HPACKという新たな圧縮方式が導入され、新たに送信が必要なヘッダーのみを抽出し送信することで、転送量を削減します。

HTTP/2を利用する方法

HTTP/1.1ではリクエストとレスポンスの組を1つずつしか送受信できず、リクエストが増えた場合は待ち時間が発生するため表示速度が遅くなってしまいます。HTTP/2では1つの接続上で複数のリクエストを送信することができリクエストの待ち時間を減らすことができるため、表示速度の向上が見込めます。

HTTP/2を利用する際の注意

一部のブラウザ(ChromeやFirefox)ではHTTP/2を利用するにはHTTPS通信しか利用できません。
HTTP/2の機能を活用するためにはサイトを常時SSL化することが推奨されます。
エクスクラウドのWordPressホスティングでは1サイト分、JPRSのSSL証明書(本来有償)を無料で提供しており、SSLの設定もサポートスタッフにて行います。そのため、HTTP/2の高速さを活かした常時SSLサイトを手間なく簡単にご利用いただくことができます。サイトが高速になり、通信も暗号化されるため、ユーザーにもストレスなく安心感をもってサイトを利用してもらえるだけでなく、SEOへの効果も期待できます。